口腔がん・舌がん検診

なかの歯科クリニック(岡山市)で受けられる口腔がん・舌がん検診についてご紹介します。この検診は「自由診療」になります。

口腔がん・舌がん検診のすすめ

今、世間で注目を集めている口腔がん・舌がん検診を歯科医院で行えることを、ご存知ですか?

岡山歯医者「なかの歯科クリニック」で口腔がん・舌がん検診

最初に、口腔がんに関するデータをご紹介します。

  • 口腔がんの死亡数は約7,900名。死亡率は34%以上。
  • 国立がんセンターは、2018年の口腔がんの患者数を男性15,700名、女性7,300名。死亡数は男性5,500名、女性2,400名と予測。
日本歯科新聞社

さらに、日本における口腔がんの死亡率は、アメリカと比較して2.5倍以上と言われています。
今までは男性や高齢者に多かった口腔がんですが、最近は女性や若年者も増えています。この傾向は先進国の中で日本だけです。

その理由は喫煙者の多さや、歯科の定期健診を受ける日本人の少なさと言われています。
例えば、子宮頸がんの死亡者数は婦人検診の普及により歯止めがかかっていますが、口腔がんの患者数は伸び続けています。
その為、日本も口腔がん検診を受けれる歯科医院がもっと増えてほしいと思っています。
※アメリカでは半年に一度の口腔内検診が義務付けられています。

口内炎がなかなか治らない方や、舌や口の粘膜が赤くただれている方で口腔がん・舌がんが気になる方は早めにご相談ください。

口腔がん・舌がんの検診方法

当院で受けられる口腔がん・舌がんの検診方法についてご紹介します。検診を希望される方は下記注意点をお読みのうえ、お申込みください。

  • この検診は口腔がんを100%間違いなく診断できる検診ではありません。スクリーニングと言って、疾患が疑われる箇所を選出するだけですが、当院では見落としをしないことが早期発見にとって重要だと考えています。

検診方法

  1. 口腔内を視診 口腔内の粘膜や舌を、視診で確認します。
  2. 蛍光観察装置イルミスキャン 蛍光観察装置「イルミスキャン」の特殊なブルーライトを当て、異常がないかどうか観察します。ブルーライトを当てた状態で写真撮影するだけなので痛みや不快感はありません。
  3. 口の中の異変を察知 異常や組織が悪くなっている箇所が写真上で黒く写ります。その為、肉眼では見落としがちな口の中の異変をいち早く察知できます。
  4. 専門医療機関のご紹介および精密検査 もし異常が察知された場合は、専門の医療機関(例えば岡山大学歯学部 口腔外科など)への紹介および精密検査を依頼します。

歯の悩み相談

当院では、歯の悩みを少しでも解消できるよう院長の中野が「ライン」や「メール」で直接お答えいたします。お気軽にご利用ください。
※無料相談の対象:岡山在住で当院に通院できる方。

歯科治療のご相談・予約は「なかの歯科クリニック(岡山)」へ 歯科治療のご相談・予約は「なかの歯科クリニック(岡山)」へ
歯科治療 無料ライン相談(岡山の方限定)歯科治療 無料メール相談(岡山の方限定)

医院概要

なかの歯科クリニック初診予約
上段に戻る
歯科治療の電話予約・相談(岡山)
なかの歯科 24時間初診予約
歯科治療メール相談(岡山限定)
ページ上段に戻る