Skip to Content

中野浩輔のステキな笑顔

岡山の歯科医師ブログ

歯科医師のメンター 岡山の歯科医院

「自分の城を持ちたい!」
「30歳までに開業する!!」
と言う目標を持ち、新規で
この地に歯科医院を開業させたのは
29年前で私が29歳の時!

あれから29年が経過して
カルテ番号はいよいよ
記念すべき30000に迫る!

いよいよだが、あくまで通過点!!!

 

人生にはいくつかのターニングポイントがあり
その場にはいつでも素晴らしい人との出会いが
存在して、心を震わせる言葉がある。

20年近く前に私が歯科医師会の理事をしてた時に
ある先輩からビジネス書を読むように言われた。

それまでの私は漫画と雑誌しか読まなくて
ビジネス書を読むのは会社の社長さんくらいと思っていた。

私はビジネス書を読み始めて文字通り
人生が変わった。

15年前、神田昌典さんのマーケティングの勉強会で
岡山のRさんの存在を知り、私はRさんに会いたくて
ネットで調べて実際に会いに行った。

Rさんとの出会いから私は多くの素晴らしい方を
紹介して頂き、心に温めていた
新たなビジネスを開始することも出来た。

先週の木曜日、新しい歯科医院をオープンさせた
華房先生との1時間のお話も私を大きく
変化させることになった。

まさにターニングポイントだった。

「自分が源泉!」
「目の前のスタッフの幸せや成長を一番に考える」
「まずは院長が変わらないといけない!」

知っているような事ばかりだったが
私は実際に出来ていなかったように思う。

スタッフ数90名の歯科グループは
まずは華房先生のコンプレックスから始まった。

8月1日の華房先生の出版記念セミナーも素晴らしかった。
華房先生ともう一人の講師はランチェスターの栢野さん。

私は20年近く前に栢野さんの講演会に参加して
懇親会で栢野さんの横に座り
「歯科医師をしていますが本を出版したいです!
どうすれば本を出版できますか?」と尋ねて
栢野さんのアドバイス通り行動して
実際に初めての本を出版することが出来た。

その後歯科医師向けの本を含めて
私は合計4冊の本を出版していて
そんなご縁からテレビやラジオや新聞で
取り上げられることも多くなった。

全てが人のご縁からである。

長い歯科医師人生の中、友人と思い信じていた人から
騙されたり、詐欺にあったり、大金を失ったこともある。

しかし、今の私が思うこと

騙すより、騙される方が良い!
裏切るより、裏切られる方が良い!!

行動しなくて後悔するより、行動して後悔したい。

暑い夏!!!

 

はなふさこどもデンタルクリニック 岡山の歯科

またもや岡山の政治家さんが
文春砲にやられる。

A先生も!T先生も!!元首相の
息子さんのH先生までも!!!

私が大好きな先生方だけに
こんなご時世なのでそれもできない。

やっぱり私は政治家を目指すのは
止めようかな??


今日の午後は無理を言って
歯科医師の先輩でもあり友人でもある
南区の華房先生の新しい小児歯科のオフィスを
見学させて貰うと共に1時間程度
お話を聞かせて頂いた。

華房先生は、岡山市内に歯科医院3件と
デイケア施設1件を持ち、
スタッフ数で言うと90名規模の
岡山県内、いや中国地方でもトップの
規模の医療グループの総帥である。

先日は初の著書を出版されて
今週の土曜日は講演会があり
私も参加予定である。

今では誰もがうらやむ規模の「はなふさ歯科グループ」
であるが、最初は苦難と失敗の連続であったと言われる。

女性スタッフの言動や行動に腹を立てて
いつもイライラしながら診療をしていたと言われる。

今の華房先生のいつでも笑顔のイメージとは
真逆であった。

そんな時に1冊の本との出会いが彼を救ったらしい。

その本はある有名な企業の経営者の方が
書かれた1冊の本だ。

それから変わることが出来るのは
自分しかいない!

目の前のスタッフのことを心から好きになって
彼女が喜ぶことをまずはしよう!

目の前の相手のために仕事をしようと考えが
大きく変わったと言われる。

普通は人間の器が小さな経営者なら、スタッフや従業員のことを
「これだけ給料を出しているのだから、もっと働け!」とか「
お前が辞めても、お前の代わりなんていくらでもいる!!」
と思うことが多いのだが
華房先生の考え方は違う。

歯科医師としてでなく院長や理事長はトップ何で
まずは経営者として考えて行動しなければいけない。

まずはチャレンジするべきだ!
行動しないと何も変わらない!!

私は1つの質問をした。

「華房先生、今はコロナの影響で岡山の歯科医院も
かなり大きな影響を受けています。
半年後には倒産する歯科医院が出る可能性も高いです。
私たちは今どう考えて何をするべきでしょうか?」

「中野先生、今はコロナで本当に大変な時です。
大変なときだからこそ、大変と言う漢字の通り
大きく変化する必要があります。」

「今までの歯科医師としての考え方からもっと大きな枠で
考えて、歯科医療も大きく変化をさせませんか?」

いやー、素晴らしい1時間だった。

詳しい固有名詞は内緒で!!!

 

悲しかった中2の夏 岡山の歯科医院

金の価格が高騰!
パラジウム合金の価格も高騰!!
コロナで歯科医院の患者さんが減る上に
感染対策費が重く圧し掛かる!!!

果して年末までに、どれくらいの
歯科医院が倒産するだろうか?

私は最悪の倒産で、スタッフや患者さんを
最悪の状況に追い込まないために
死ぬ気で頑張る!!頑張る!!!


私は小学校の時と、中学校の時は
勉強はかなり出来たと思う。

灘校を受験しないかと誘われたこともあるし、
中学2年生の全国模試では全国で1番に
なったこともある。

私が通っていた石井中学校は、当時は学級崩壊で
凄く荒れていたので、全国模試の1番が石井中から
出たことは学校でも快挙だったようだ。

中学2年生の担任であった女性のK先生が
クラスのホームルームの時間に誇らしげに
「このクラスから全国で1番が出ました!」
と言われた瞬間を、私は今でも鮮明に覚えている。

K先生の顔は、満面の笑みで
本当に体中に喜びが溢れていた。


K先生は当時恐らく30代前半だったので
今でも80歳前後としたら
普通に考えたら、まだご健在のはず。

 


あの事件が起きたのは、そのわずか2日後だった。

 

私たちは屋外のトイレを掃除していたのだが
悪ふざけが過ぎて、トイレのモップで水を使って、
トイレの壁にエッチな絵を皆で書いていた。

当時は「花の応援団」と言う少しお下品な
漫画が凄く流行っていて、女性の体の一部を
デフォルメして書くことが石井中では流行っていた。

 

私がトイレの壁にそのエッチな絵を書いた瞬間に
騒ぎを聞きつけて、担任であったK先生が
注意に駆け付けた。

 

私は掃除モップを手にしたまま、そのエッチな絵の前で
一瞬で固まってしまった。

 

友人は既に蜘蛛の子を散らすように逃げ去っていた。

 


しかし、固まってしまったのは私だけでは無かった!


担任のK先生も同じように固まってしまい
私は一切注意されることも、叱られることも無かった。


K先生の顔は、本当に凄く悲しそうで
体中に悔しさと残念な気持ちが溢れていた。

「アーア、アッ!!」と言うK先生の心の
声が私にも聞こえてきた。

悲しかった中2の夏!!