Skip to Content

中野浩輔のステキな笑顔

岡山の歯科医師ブログ

岡山の「セラミック矯正」を、なかの歯科で!

木曜日は怒涛のZoom会議8連ちゃん
過去最高を更新

死ぬまで頑張る!!

少し前に私は心斎橋まで移動して
ダイヤモンド今井デンタルクリニックを
見学させて頂いた。

今井先生は歯科の世界では超有名人である。

あの相川先生が率いる湘南美容外科で
最初は赤字続きだった歯科の部門を黒字化して、
その後、湘南美容外科の歯科部門を
スタッフ数100名以上の規模にまで発展させた
伝説の人物である。

今は心斎橋で独立した歯科を経営されている。

美容外科の歯科治療は、主にセラミック矯正と
呼ばれる治療法を取ることが多い。

セラミック矯正とは、ワイヤーやマウスピースで
歯を動かす矯正ではなくて、歯を削って
被せて、前歯のガタガタや色を短期間で
治す治療法である。

今井先生はInstagramやyoutube等のSNSにも
力を入れていて、自分自身の整形外科治療に
何と、何と、1500万円を投じたらしい。

今井先生のクリニックは患者さんの
プライバシー保護のために写真や動画撮影は
NGだったのだが、私は正直度肝を抜かれた。

腰が低くて、患者さんに凄く丁寧に接しられている。

患者数も多いのだが1人で大量の仕事をこなしている。

いや、凄く働かれている。

歯を削る治療や、仮歯や最終的なセラミックの精度が凄い。

セラミック矯正を否定される歯科医師の
先生も多いのだが、その否定する理由は
「あんな治療では数年で歯が抜歯になるよ!」
と言われる。

実はこの私は今までは「審美歯科」と言っていたのだが
「セラミック矯正」を長い間行ってきた。

なかの歯科のセラミック矯正は美容外科の歯科での
セラミック矯正とは、一味も二味も違う。

今後は私は「なかの歯科のセラミック矯正」を
しっかりと内容をまとめてうってゆきたい!!

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

インビザライン岡山県で第2位です。テストステロン

私の仕事は診療が終わっても終わらない

今夜も深夜までインビザラインの
クリンチェックと言う治療計画

先日連絡が入り今年1月から8月までの
インビザラインの岡山県内の当院の症例数が
どうも2位に落ちたらしい。

1位じゃないと2位ではいけないんですか?
いけないんです、1位じゃないと!!

年末までに巻き返す!


先日のある会合で私は
男性ホルモン「テストステロンの補充療法」
テストステロンの注射の話を聞いた。

「中野先生、このテストステロン1つだけ
欠点があります!」

「その欠点とは何でしょうか?」

「精子が限りなくゼロになるんです!」

「えっ!なぜ男性ホルモンの注射で
精子がゼロになるんでしょうか?」

「私はわかりません!」

この注射で精子ゼロの話はどうも疑わしい!

その方のご推薦の泌尿器科は
私が診療する曜日と診療時間が同じで
木曜日と土曜日の午後がお休み!

さすがに男性ホルモンの注射のために
診療に穴を開ける訳には行かない。

私は土曜日の午後に診療している
泌尿器科のクリニックを探して
まずは血液検査のために受診した。

血液検査でテストステロンの値が
基準よりかなり低かったり、
男性更年期障害の症状が著名だったら
この男性ホルモンの注射も
保険適応になることもあるらしい。

 


私は土曜日の午後にある泌尿器科を受診した。

 

どうも泌尿器科って、私と同世代のおじさまの
患者さんばかりで、何となく恥ずかしくて
落ち着かない。

尿検査も何となく恥ずかしいし、
出る前におしっこをしたばかりなので、
コップのラインまでおしっこが出ない。

気力と根性で絞り出す。

全ては注射のために!

 


泌尿器科の待合室でスマホを見ていると
私は急に背後から話しかけられた。

「中野先生!久しぶり!!」

振り返ると数年ぶりにお会いした
ある先輩の姿がそこにあった。

 

「僕はあそこの先っちょが痒くて痒くて!
中野先生はどこが悪いの?」

「いや、私はビンビン注射、
いや男性ホルモンの注射を受けるために!」

岡山は狭くて、そして恥ずかしい!!

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

すみません、筋肉が付かないんですが!

日産の方から代車として
お借りしている新車のリーフ

凄く良い!乗りやすく安全性も
後続距離もバッチリ!!

乗り換えようかと真剣に悩む!

畳と女房と車は新しくて若い方が
良いのだろうか?

 

私がコロナになって新しく始めたこと
①極真空手
②大型バイクのレンタル
③オンライン英会話教室

残念ながら②と③は止めてしまい
その代わりに近くの24時間ジム通いが始まった。

津高のジムを私は凄く気に入ってしまい
週に3回もの頻度でジムに通ったことは
私の歴史上初めてのことであった。

このジムに入ったのが今年の4月
夏までには筋肉を付けてバリバリの体に
なる予定だった。

雑誌ターザンのコンテストにも応募した。

8月末の最後の日曜日は大磯ロングビーチで
バキバキの体を世間様に晒すつもりだった。

あらゆる筋トレに関する本を読み漁り
自分としては真面目に筋トレに励んだつもりだ。

4月からは5キロほど体重は落ち
目標体重はすぐにクリアした。

しかし、しかし、私の体には
筋肉が全くつかない。

ターザンのコンテストは予選敗退。

大磯ロングビーチではTシャツは脱げなかった。

筋肉が全く付かないのだ。付いていないのだ。

腕なんか、まだヒョロヒョロ

 

先日のある会合時になぜか
男性ホルモンのテストステロンの話になった。

「テストステロンは、やっぱり泌尿器科での
注射に限るよね!」

「テストステロンの注射を始めたら
筋肉の付き方が半端なくスーツを
すべて作り直しました!!」

「テストステロンはステロイドですが
合法的なドーピングですね!!!」

「あっちもビンビンですわ!!!!」

ビ、ビン、ビン、ビンビンなんですか??

驚いた、その場にいた50代から60代の男性が
私を覗いて皆さんテストステロン補充療法の
注射を定期的に行っていたのだった。

「すみません、どこの泌尿器科に行けば
そのビンビン注射、いやテストステロンの
注射を打って貰えるんですか?」

「ここの泌尿器科をお薦めします、
ただ中野先生、この注射は1つだけ
大きな欠点があります!!」

「大きな欠点ですか?

それは、それは、どんな欠点でしょうか??」

続く

 

 

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
ページ上段へ