Skip to Content

中野浩輔のステキな笑顔

岡山の歯科医師ブログ

歯がぼろぼろ、前歯がぐらぐら LINE@のアカウント @nanacodc

土曜日の午後にセミナーを大阪で受けて
最愛の人と北新地で深夜まで飲み歩く!

翌朝は、なぜか早朝5時前から目を覚まし
小栗旬さんのテレビか映画の撮影風景を
横目で見ながら「りんくうタウン」に向かい
インバウンドの外国人の方向けの
歯科医院を見学する。

それから新大阪に移動してしCiの
ショウルームを見学した後に
また別のセミナーを受講する。

懇親会から岡山に戻り、いきなりステーキで
肉を食らってのあるバーで人待ち!!

手帳にはこの土日でToDoリストが
埋め尽くされる!!

やはり私はサメかマグロである。
動くのを止めたときは死ぬ時だ。


セミナーを受講中でも私のスマホは鳴りっぱなし!!


を誰がどこで知るのかは知らないが
毎日平均で20件もの歯科に関する相談が
私のスマホに否が応でもやってくる。

それも相談は重度な方が凄く多い。

ずっと歯のことで悩んでいて!
ずっと歯のことが心配だが、誰にも相談できないでいて!!

ずっと、ずっと、そんな方がなかの歯科クリニックの
LINE@のアカウント @nanacodc を知ってしまい
私に直接、質問が来る。

悩みが大きいだけにいい加減な返信は出来ない。

「歯がボロボロです。前歯がグラグラです。
重度にまで悪くなっているので、近所の歯医者さんには
怖くて相談できません!」

そんな方がこの私に相談してくる。

それは、ある意味では最後の砦かもしれない!!

LINE@なのでその方の年齢も性別も
どこに住んでいるのかもわからないが
相談内容が重いことはこの私にも
容易に想像できる。

相談内容が重ければ重いほど
返信のスピードも要求される。


今日の午後のセミナー中に私が
ひっきり無しにスマホを触っていたのは
歯のことで困っている方、重度に虫歯や歯周病が
進行している方が、この私に引っ切り無しに
相談メールをくれるからだ。


こうなれば、私はなかの歯科クリニックの誘導看板の
内容を変えたいと思う。

「歯がボロボロ、前歯がグラグラの方を歓迎いたします。
重度に進んでいても、決してあきらめないで下さい」

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

本は身を助ける 岡山の歯科医院

水曜日、歯科医師会の会合の後、
友達のお宅に伺い、深夜まで
「おでんパーティ」

本当においしゅうございました。

今日の木曜日は仕事が進む!進む!!

新しい「なかの歯科クリニック」の入れ歯義歯専用サイトと
「削らない 痛くない虫歯治療 MI治療」に関する
原稿を書きまくる。

私は「院長はコミュニケーション障害か!」と
スタッフに言われるほど、患者様や当院のスタッフと
ラフに友達みたいに話すことは苦手だが
このブログも含めて文章を書くことは得意と思っている。

今までに私はアマゾンの電子書籍も含めて
4冊の本を出版している。

また本を読むことも大好きでアマゾンから
毎月30冊以上の本が当院には届いている。

本好きになったのは山陽新聞社に勤務していた
父親の影響が大きいと思う。

父親は私の祖父に当たる父親の父親が早くに
亡くなったために大学に進学することが
出来ないで、高校卒業後、山陽新聞社に
入社した。

私が幼少期のころ、父親は「本をしっかりと読め!」と
本だけは何冊でも私に買ってくれた。

高卒で山陽新聞社勤務なので、そんなに給料は
多く無かったように私は今でも思っているのに
これは私には本当に有難いことだった。

今日の木曜日は午前中に3時間かけて
新しいホームページの原稿を書き上げ
ZOOM会議を1件終わらせた後に
私は岡山県立図書館に久しぶりに向かった。

私が一番好きな場所、落ち着く場所は
キャバクラでは決してなく、書店と図書館である。

これだけの本や雑誌やDVDがタダで楽しめるなんて?

増してや駐車場も1時間までは無料、その後1時間ごとに
100円ポッキリなんて、本当に至福の場所である。

今日は岡山県立図書館に置かれている
医療の本、特に歯科関係の本をじっくりと調査!

書店に並んでいる本と、図書館に置かれている本は
全く違う!!

私が8年前に書いた「より白く美しく!」と言う
歯のホワイトニングの本を私は
数か所の図書館に寄贈させて頂いた。

今でもあの本があるかどうか?私は楽しみだった。

結論として私の書籍は岡山県立図書館では
1冊も見つけることは出来なかった!!

貸し出し中なのか?
処分されてしまったのか?

真相は闇の中である。

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

潜在意識ダイエット 岡山の歯医者

3月末に開催された新年度の当院の歓送迎会

1年間産休育休で休んでいた
サブチーフのNの姿がそこにあった。

「久しぶりー!」と私が挨拶をするや否や
「院長、そのお腹どうしたんですか?」
とショックな一言!

確かに私の体重は増加した。

これは言い訳に過ぎないが、
3月末は新年度を前にして飲み会が多く
私は毎晩食事も外食でお酒を飲む
毎日が続いていた。

私の体重は65キロ前にまで増加していた。

ここ20年の私の体重の経緯を振り返って見ると
最小が57キロ、最大が69キロの12キロの
間を行ったり来たりだった。

自慢ではないが私はこの20年間で3回も
わずか3か月間で10キロのダイエットに成功した。

(そして1年で10キロのリバウンドを
3回も経験した!)

このまま過ごすと最悪マックスになりそうなので
私は密かにミニダイエットをすることを
決定した。

週に数回走ろうと決めた瞬間
私はぎっくり腰になった。

消去法で、今回のダイエット法は、
お酒を週に半分以上は飲まないで、
食事も腹八分に控えることだけに決めた。

後はレコーディングダイエット!

毎日体重計に乗って体重を手帳に控えて行く。


これが単純だが上手くいった。

私はわずか2週間で2キロものダイエットに成功して
私の体重は62キロ台にまで落ちていた。

私は思い込みが凄い人間なので
私の潜在意識をコントロールさえすれば
ダイエットは割と簡単と思っていた。


後1か月後には久しぶりの50キロ台まで
普通に体重が落ちると信じていた。

土曜日の夜にあるグループ企業の会長さんと
夜遅くまで飲み歩いた。

日曜日は昼は同門会でホテルでの食事
夜は久しぶりに集まった家族で焼肉を食べた。


翌朝、楽しい土日をウキウキと過ごした
私は上機嫌で体重計に乗った。

エッ!何この数字??

65キロを超えている!

たった1日半で体重は2キロも
増えるものなのか?

私の潜在意識はどこかズレている!!

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
ページ上段へ