Skip to Content

中野浩輔のステキな笑顔

岡山の歯科医師ブログ

岡山の歯医者がソウルに!

多くの偶然と幸運が重なり
(ここは話が長くなるので割愛する)
私が顧問をしているST製薬株式会社が
このBrstl(ブリストル)の日本での
独占販売契約権を取ることができた。

これは奇跡に近いと思っている。

Brstl(ブリストル)のCEO、James Chaは
韓国出身でアメリカのミシガン大学を卒業した
エリートだった。

たまたま彼がメールで打ち合わせをしていた
その日から1週間だけ仕事で韓国のソウルに
戻ると聞いて、私は1時間だけでもソウルで
あなたに会って話がしたいとメールをした。

最初は打ち合わせの会議が幾つもあるからと
会うことを断られた私だが何度もあきらめないで
お願いすると、今度の土曜日の夜か日曜日の
お昼の時間ならソウル市内で会って貰えることになった。

Brstl(ブリストル)を開発したCEOと
直接会えることに大きな喜びを感じると共に
私には1つだけ大きな不安があった。

私は彼とのメールでの英語の会話は
全てグーグル翻訳を使っていたからだ。

彼はずっとロスに住んでいるので
英語はネイティブだ。

それと比較して私の武器は
グーグル翻訳とポケトークしかない。

しかし、大切なことは情熱、
会えば何とかなると私は腹を括った。

日本からのソウル行きのチケットの取得は困難を極めた。

世間は3連休でもあったので
岡山発のインチョン行きの大韓航空のチケットは
既にソールドアウト。

全日空ラバーの私は最初は岡山から羽田に飛び、
羽田から金浦に行こうと思っていた。

しかし、台風19号の影響で数日前から
既に羽田空港発着の国内線の欠航が決まったので
このプランはアウトとなり全額の払い戻し。

台風の進路を見ながら、私は次に関西空港発の
ピーチのチケットを取得した。

しかし、前日に岡山ー新大阪間の新幹線の
運休が決まり、私は前日に関西空港に
行けないことになってしまった。

診療をしながらの金曜日の昼に、私は福岡空港発のT’s Wayと言う
LCCで片道3000円と言う格安のチケットを見つけた。

税金と空港使用税を入れても片道が5000円
今のLCCは連休でも本当に安いと思い、すぐさまネットで購入した。

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

近未来型光殺菌歯ブラシ Bristl との出会い

歯科医院には「光殺菌治療法」と言う
歯周病やインプラント周囲炎の
治療法があり、670nmの波長に近い
光を使うことが多いのだが、当院では
ヨーロッパのフォトさんと言う機械を
使用している。

しかしこの光殺菌治療法は機械自体が
30万から100万円近い機種もあるために
保険診療が中心の日本の歯科では中々
浸透していない現状があった。

私はこの光殺菌治療法のテクノロジーを
電動歯ブラシに組み込んだらと思い数年前から
準備を始めた。

日本のある会社に製作をお願いしようと思い、
私のデザインを専門家にデザインしてもらうのに
50万円強、そのデザインを3Dプリンターで
造形モデルにしてもらうだけで1個が10万円が
かかった。

そこまでは良かったのだが、そのデザインを金型に
起こすのに2000万円かかる段階で
私はこの光電動歯ブラシの日本での開発を
ストップした。

金型が日本の10分の1で出来ると聞いて
中国のシンセンに行った事もある。

最終的には日本での新規の開発はあきらめた。

既に同じコンセプトで開発された
光歯ブラシを日本で見つけることが
出来たからだ。

その会社とは何度も打ち合わせを重ねて
その会社の光歯ブラシをOEMで私の会社に
降ろしてもらうまで話が進んでいた。

しかし、最後のパッケージの作成の段階で
話は宙に浮いた。

これ以上はその会社では出来ないと
言われたからだ。

今度は私は光電動歯ブラシを探して
全世界中の光殺菌治療法のテクノロジーを
応用した光歯ブラシを探し回った。

アメリカのグーグルで探し、ヨーロッパの
グーグルで探し、南米のグーグルで探した。

そして、このアメリカのBrstl(ブリストル)を
見つけたときは、私は本当に雷に打たれたように
大きな衝撃を受けた。

私が理想とする光殺菌治療法のテクノロジーを
組み込んだ歯ブラシが既にアメリカで完成して
販売されていたからだ。

私は直ぐにオンラインショップから注文して
2個のBrstl(ブリストル)の到着を待った。

しかし、これが大変であった。

Brstl(ブリストル)の会社からアメリカを
いつに出荷したとのメールは入るも
待てども待てども私の手元にBrstl(ブリストル)
は届かなかった。

私のクレジットカードからは既に数万円の
費用が引き落とされていた。

アメリカのBrstl(ブリストル)にメールをしても
既にこちらからは送っているので、後は
日本の追跡の会社に連絡してくれの1点張り。

日本の関税や郵送会社に何度も電話して調べてもらった。 
すると「アメリカからの郵送物ではよくあることです!」
「きちんとした形で日本に送られていないか?
既にアメリカに送り返された可能性もあります!」と
言われ、私のBrstl(ブリストル)は行方不明になった。

既に到着をあきらめていた、そんな私の元に
1ヵ月後に急に海外からの郵便物が届いた。

袋を開けて見ると2ヶ月前に注文した
Brstl(ブリストル)が2個入っていた。

嬉しく思うのと同時に使用してみて
凄く驚いた。

凄くクオリティが高いのだ。


光殺菌治療法のテクノロジーを、近未来型光音波歯ブラシ「Brstl」
の14のポイント

①光による殺菌効果、1台で3種類の波長の光
②アメリカ西海岸で大人気の光音波歯ブラシが日本上陸
③青色光は歯のホワイトニングとバクテリア殺菌
④赤色光は歯周病ケアと歯ぐきのコラーゲン活性化
⑤紫色光は歯のホワイトニングと歯周病ケアを同時に
⑥タイマーで歯みがきは2分間で完了
⑦通常モードと柔らかモードの2つの音波振動モード
⑧抗菌2重極細毛先で歯周ポケットや歯と歯の間まで
⑨人間工学に基づいた握りやすく軽い歯ブラシ本体
⑩充電方式はスマホでおなじみ、マイクロUSBケーブルで
⑪1回の充電で4週間持続可能なバッテリー内臓
⑫アメリカのKickstarterで30日間で66429ドルを集める
⑬世界各国で特許や認証を取得
⑭世界中の歯科医師から推薦の声が

私はすぐさま、アメリカのBrstl(ブリストル)社に賞賛の
メールを送った。

このメールが全ての始まりだった。

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

岡山の歯医者が高畠西眼科へ!

今日から新しいクリーンスタッフ、
アルバイトの高校1年生の
女性がチームに加わった。

15歳の彼女は当院のスタッフの
お嬢様!

2世代に渡っての、当院への
貢献は心から嬉しい!!


私の大きなコンプレックスは
ど近眼なことであった。

高校の頃から近視が進み、少し前までは
0.03とか0,04と言う視力検査で
1番大きなわっかの切れ目が見えない私。

また50歳を過ぎてからは老眼も始まり
遠くは見えない、近くも見えないと
診療時には拡大ルーペやマイクロスコープを
使わないと満足な仕事が出来ない日々であった。

そんな私が一番恐れていたことは大地震!

大地震等で来て、そのまま避難所に避難しても
眼鏡かコンタクトレンズが無ければ、私は全く何も見えないので

他の人のお役に立つのではなくて、迷惑だけをかけてしまう。

 

これは今後まずいと言うことで
私は多焦点眼内レンズの手術を受けることにした。

 

私が選んだ眼科はいつもお世話になっている
岡山駅西口のT眼科でも、同級生のO眼科でもなく
高畠西眼科であった。

以前の顧問税理士の先生から
この眼科は本当に凄いから必ず
自分の目で経験するようにと
言われていた凄い眼科だった。

高畠院長先生のオペの技術は半端でなく
短時間で本当に術後の痛みや腫れの
本当に無い繊細なオペをされる。

 

本当に素晴らしい眼科なのだが、この高畠西眼科の唯一の欠点は
患者数が余りにも多いために待ち時間が長いこと!

午後8時30分からの診療開始時間の
90分前の午前7時少し前に番号札が
出ると聞いた。

先日私が早朝の7時10分に着いた時は
先客が待っていらして私の番号は4番だった!

ここで私のムクムクとした負けず嫌いの
根性が出てきた。

絶対に次は一番を取ってやる!

早朝の6時に起きて、身支度を整えて
車で高畠西眼科へと向かった。

早朝の6時45分に到着したのだが
驚いたことに既に2台の車が止まっていた。

午前7時前に警備員の方が番号札を出されたのだが
私の番号は前回より1つ早くなっての
3番だった!

今度は私はテントを持って
前の夜から順番待ちをしたい!

やはり1番が欲しいから!!


何か私は別の方向に
進んでいる気がしてならない!

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
ページ上段へ