Skip to Content

中野浩輔のステキな笑顔

岡山の歯科医師ブログ

岡山の歯医者が認知症?

先日の東京出張で私は大失態を犯してしまった。

妻が先に東京入りして、私が午後4時半の便で
東京に飛び、東京のある凄い先生と
3名で日比谷で食事をする予定にしていた。

クリニックからタクシーで岡山空港に向かった
私は岡山空港にかなり近くなった時に
タクシーのトランクにスーツケースを
入れたことに急に不安になった。

スーツケースをトランクに入れた
記憶が無かった。

「すみません、運転手さん、
私はタクシーのトランクにスーツケース
入れましたよね?」

「えっ!入れていないような気がしますが
直ぐに確認しますね!!」

岡山空港に到着してトランクを開けてみると
そこには私や妻の下着や洗面用用具、化粧品
コンタクトレンズや眼鏡、パソコン等が
詰められたスーツケースの姿はなかった。

あそこで忘れたか?

タクシーに乗る前に私は玄関の郵便ボックスから
山陽新聞の夕刊を取り、タクシーに持ち込んでいた。

玄関か?

今からタクシーで自宅に戻り、そのまま
空港まで移動すると往復で50分

ギリ間に合わない!

スーツケースが無くても何とかなるが
患者さん情報が詰まったパソコンを
失うことだけは避けないといけない。

妻も既に東京だったので、すぐに実家の母親に電話して
私の家の玄関横に放置されているスーツケースを
自宅に入れるようにお願いした。

私の家に移動した母親から電話が入り
「玄関の横にもどこにもスーツケースは
無いよ!」と言う。

まずいか?盗まれたか??

「ちょっと待って!自宅の中を見てみる!!」

それから2分後に電話が入り、
「2階のリビングにそのまま置いてあるよ!」

最悪の状況を脱してほっと胸を撫でおろしていると
「無いと困るでしょう!」と今から妹の車で
岡山空港まで届けると言ってくれる。

持つべきものは家族だ!!

片道で25分なら間に合う!

岡山空港の担当者の方に
「忘れ物をして家族が今車で届けてくれています。
ギリギリ何時までに空港に入ったら飛行機に
間に合いますか?」

と聞いて、名前を言って、必ず4時15分には
中に入ります!と伝える。

しかし3日前に同じ便に搭乗した時は
30分ディレイして午後5時出発になった。

今日は何回確認しても定時出発らしい。

3分毎に「今どこまで来ている?」と母親に
電話して、確認を進めていたが、
4時5分の時点で母親に「ありがとう!
もう間に合わないから、そこからUターンして
帰って!」と伝えた。

急いで事故でも起こせば、皆が不幸になる。

顔見知りの地上係員の方に
「忘れ物間に合いましたか?」と聞かれ
「ありがとうございます。間に合いました!」
と小さな嘘をつき、飛行機に乗り込んだ。

大丈夫だ、私は以前スペインで
ロストバゲッジにあって1週間
スペインのインプラント学会を
紙袋1枚で乗り切ったことがある。

しかし、今回は私一人では無くて
女性の妻がいた!!!nntisyou

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

マレーシア ジョホールバルへ!

土曜日を1日休んで連休を活用して私は日本からシンガポールに飛んだ
今回の旅の目的はシンガポールの歯科医院の見学だけではなくて
マレーシアのジョホールバルに今住まれているW先生のご自宅を訪れて
マレーシアのジョホールバルが今どんな風になっているかと
いうことを見学するのが一番大きな目的であった

シンガポールからマレーシアのジョホールバルには
W先生が予約してもらった国際タクシーを利用してことになった.

W先生からメールが来て入国に1時間かかるって聞いていたので
まさかそんなことはないと思っていた

シンガポールからマレーシアの国境ジョホールバルまでは
タクシーでわずか30分程度の距離であった

シンガポールの出国のゲートに近づくと急にタクシーが
ピタッと止まり大渋滞になってしまった

シンガポールの国境を出るまでに30分の時間を要し
それからマレーシアの国境のゲートを通るために
また30分の時間を要した

トータルではW先生が言われたように1時間の時間を
要すことになった

午後3時にシンガポールのホテルを出た国際タクシーが
W先生のマンションに着いたのは午後5時前にもなっていた

タクシーが着いた途端にW先生がマンションの
フロントまで降りて来てくれて今お住まいのマレーシア
ジョホールバルのお部屋に案内してもらった

部屋に入った途端に天井の高さ部屋の広さに驚きを隠せない私
正直度肝を抜かれた。

W先生のお部屋はメゾネットタイプと言って一階二階が
大きな階段でつながっているという広いお部屋で
部屋の広さは260坪?

一階二階でトイレバスルームが7つあり
ベッドルームゲストルームもいくつもあり
アジアらしくお手伝いさんの部屋まであり
マスターバスルームは日本の私の書斎よりも広く
お庭にはなんとプールまであり
私は本当に驚きを隠すことができなかった.

マレーシアのジョホールバルには10年ぐらい前から
イスカンダル計画と言って外国人を迎えるような
計画があり、多くの日本人もジョホールバルのマンションとか
不動産に投資すると聞いていたが
なかなかうまくいってないという噂を聞いていた。


今回のジョホールバル訪問は本当に私にとってはすごい
興味深い内容だった。

しかしジョホールバルに行ってW先生のマンションに
伺うと多くの日本人駐在員がそこに過ごしており
そのマンションにはフィットネステニスコート
バドミントンコート、家の近くの健康ランドより
広い温泉まで完備しており プールも広いプールがあり
何から何まで大規模がすごく日本では考えられない
巨大な豪華なマンションであった

マンションのお部屋からはアジア最大級の
イオンショッピングセンターまで見ることができ
W先生が言われるにはマレーシアジョホールバルは
シンガポールから30分だが物価が1/3になる。
ひとつだけストレスなのは入国に時間がかかること

他のことは全く問題がなく快適に過ごすことができると
言われていた

私たちはマンションの施設を見学後
奥様とW先生と3人でベイフロントにあるレストランで
お食事をご馳走になり今までのW先生のマレーシアでの
暮らしのことについて多くのことを教えてもらった

W先生は以前は歯科医院を東京で複数経営していて
すごく優秀な歯科医師でもあり,またすごく優秀な経営者として
有名であったが数年前に全ての事業を売却して海外移住という
道を選んだ

年齢は私より一つか二つ先輩のまだ若いW先生が
なぜ歯科医師を引退してマレーシアそれもジョホールバルに
住んだかということを私は数時間の滞在でいろんなことを
本当に教えてもらった

本当に有意義な旅だった

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ

香港深圳視察旅行3日目  コスモプロフアジア

時間を無駄にしないために、香港から深圳までの移動で
手配しておいてもらったリムジンカーの関係で、
世界最大の化粧品見本市コスモプロフアジアは
午後1時までのしか見学できない。

だから、この日も積極的に歩きまわりながら見学した。

韓国のメーカー、香港のメーカーで面白い新素材の化粧品を見つけ
サンプルを大量に購入する。

日本のセルフホワイトニングのナンバー1カンパニーの
シャリオンも出展しており、その日も多くの参加者が訪れていた。

その日の香港の新聞にはシャリオンのホワイトニングマシンが
記事で掲載されており、現地での関心の高さを伺った。

私達、歯科医師が扱うホワイトニングは過酸化水素とか
過酸化尿素がメインである。

私たち歯科医師は過酸化尿素、過酸化水素を使わないと
歯が白くならないと単純に思い込んでいるのだが、
今はポリリン酸等の別の薬でもホワイトニングができる時代になっていて
歯科医院でホワイトニングをする時代はもう終わってるように
残念ながら感じるようになった。

私が試しに受けたオフィスホワイトニングでは
確かに30分で4段階歯が白くなり驚いた。

全く痛くなく、全く歯がしみなく、わずか30分安全で副作用もない、
凄いテクノロジーが世界中で進んでいることを感じるようになった。

その日の夜はお昼過ぎに香港のホテルから深圳まで特別なリムジンカーを
用意してもらって、電車で深圳に入ることではなくて
生まれて初めて車で香港から深圳に入ることになった。

香港の出国は簡単に高速道路の料金所みたいなとこで終わったのだが
中国への入国は車と私たち入国者と荷物は別、

それでも簡単に入国してホテルへと向かった。

今回私達が深圳で宿泊したのは100階建ての96階以上の
セントレジスホテル深圳である。

深圳は物価も凄く高いと聞いていたのだが、ホテル料金をまだそんな高くなく
香港で泊まったホテルよりも安く私たちはセントレジスホテルに泊まることができた。

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
ページ上段へ