できるだけ削らない虫歯治療、できるだけ痛くない虫歯治療

できるだけ削らない、痛くない虫歯治療

虫歯治療につきものなのが「キーン」という不快な器具の音や「ガリガリ」と歯を削る振動や激しい痛み。誰もが嫌なあの不快な音。
しかし近年「できるだけ削らない、できるだけ痛くない」を重視する、新しい治療法が登場してきています。重度の虫歯でも、できる限り歯を抜かず、歯根を残す。そんな虫歯治療の最新トレンドをご紹介します。

できるだけ削らない、できるだけ痛くない虫歯治療

基本的な虫歯に関する知識

※虫歯の進行度は「C0(シーオー)~C4(シーヨン)」までの5段階

  • CO(シーオー)
    初期虫歯。表面に穴はなく、色が白や茶色に変色している程度で自然治癒も可能。
  • C1(シーイチ)
    虫歯による歯の進行、脱灰が表面のエナメル質にとどまっている段階。痛みや歯がしみる症状はほとんど無し。
  • C2(シーニ)
    虫歯による進行、脱灰が内部の象牙質にまで進行した段階。歯のしみや、痛みが時々出たりすることも。
  • C3(シーサン)
    虫歯が進行して、歯の神経まで達した段階。熱いお湯がしみたり、眠れないほどズキズキとひどい痛みが出たりすることも。
  • C4(シーヨン)
    虫歯が進行し、歯の頭の部分が無くなり根っこだけが残った状態。悪化により痛みは逆に無くなるのですが、治療は抜歯となることが多くなります。

ほとんどの歯医者は、私も含めて
「歯は削れば削るほど、どんどん悪くなる」
「神経を取った歯は脆くなるために、寿命は短くなる」

ことを知っています。

その為、自分の家族の歯の治療はなるべく歯を削らない、削る場合も最小限にとどめる、なるべく神経は残す治療を行っています。では普通の歯科医院では、その削らない治療法は、なぜ一般的に行われていないのでしょうか?

これは健康保険がカバーする歯の治療法が細かくルールによって決まっているからです。健康保険のルールでは、C2の虫歯であれば「この位まで削って、この材料を使って、こう治療して下さい」と細かくルールが決まっているのです。
それと、予防拡大(よぼうかくだい)と言って、虫歯になりやすい部分は同時にしっかりと多めに削りなさいと言う方法も、歯学部や歯科大学では現在も教えられているため、しっかりと削る歯医者が未だに日本では多いのです。

また、日本の健康保険は出来高制なので、C1の虫歯でも経過観察をすれば歯科医院の収入は0円(ゼロエン)となり、削って詰めて、初めて私達は収入がもらえるのです。
しかし、このしっかりと削る虫歯の治療法はヨーロッパやカナダ等の虫歯予防・虫歯治療の先進国から見るとかなり古いル-ルなのです。
実際ヨーロッパやカナダではかなり昔からMI(エムアイ)治療法と言う最小限、低侵襲、場合によっては全く歯を削らない虫歯治療法が提唱されています。

MI(エムアイ)治療とは?

岡山市の歯医者でMI治療

ほとんどの方は、1回や2回くらいは、虫歯で歯を削って詰め物をした経験があると思います。
虫歯治療につきものなのが「キーン」という不快な器具の音や「ガリガリ」と歯を削る振動や激しい痛み。これらが苦手という人も多いと思われます。
また、頑張って虫歯治療は全て完治したはずなのに、数年後に同じ場所に虫歯が再発して、詰めた銀歯を掘り起こして、もっと大きな詰め物に変更した経験がある方も多いと思います。

歯磨きもしっかりとしていて、歯医者さんの定期健診にもきちんと定期的に行っているのに、なぜあなたの歯に虫歯が再発したのでしょうか?

それには理由があります。実はタービンと言う機械を使って一度、歯を大きく削ってしまうと、振動で歯には細かなひび割れができて、そのひび割れから虫歯菌が再度進入して、虫歯が再発することがあるのです。
特に健康保険適応の金属の詰め物はセメントという合着材料を使用するため、金属と歯を一体化させることが困難になります。
一体化させることができる接着性レジンセメントは価格が高いために、通常は保険治療では使用されていません。その為...

  • 誰でも自分の歯を守りたい!
  • いつまでも自分の歯で健康に過ごしたい!
  • 自分の歯をなるべく長持ちさせたい!

そう言った思いを持つ方が増えているのに、現実はそんな患者さんの思いには遠く及ばないのが現状です。
そう言った背景から、痛みがひどい場合や、しっかりと削らないと治せない大きな虫歯を除き、最近はできるだけ歯を削らずに虫歯を治すMI(エムアイ)治療という治療方法が行われるようになってきました。

MI治療のMIとは、ミニマムインターベンションの略称で、虫歯に関する最小限の干渉という意味です。つまりMI治療とは、できるだけ歯を削らないで治療するということです。
今までの虫歯治療は早期発見・早期治療が基本でした。小さな初期の虫歯を見つけると、すぐに削って銀や白いレジンと呼ばれる詰め物をする治療が行われていました。
ところが、そのような治療を行った結果、多くの方が虫歯が無い健康な歯を長期間、維持できたかと言うと決してそうではありません。
むしろ、虫歯を大きく削って詰め物をしたことによって、大切な歯の寿命を短くしてしまった方も少なくないのです。
何十年も真面目に歯医者に通い続け歯医者さんの言われるままに健康保険の範囲内で治療を続けた結果、50歳を超えた頃から過去に治療した歯の被せが割れてしまい、抜歯の宣告を受けられた方は日本にはかなり多いと思われます。

このMI治療には多くの治療法が世界中で提唱されていますが、今の日本で認可を得ているものを幾つかご紹介いたします。

①虫歯の進行をレーザー機械で調べる「ダイアグノデント」

今までは虫歯の進行は肉眼で確認したり、レントゲンで調べるしか方法がありませんでしたが近年、レーザーで虫歯の進行度を調べることが可能になっています。それが「ダイアグノデント」です。

このダイアグノデントのレーザーを虫歯の部分に当てるだけで、ほとんど痛みが無く虫歯の進行の診断が可能です。

この機械を使うと、今まで見落としていた小さな虫歯の判定も可能ですし、その虫歯は削らないといけない虫歯なのか、それとも経過観察だけ行い、削らない方が良い虫歯なのかも瞬時に判断がつきます。

また、このダイアグノデントを使用すれば臨床の経験が少ない歯科医師でも、ベテランの歯科医師と同じレベルで虫歯の診断が可能になります。

なかの歯科では2台目となる、コードレスタイプで使いやすく、患者さんの負担も少ないダイアグノデントが活躍しています。

  • この治療法は「自費診療」になります。

②ヒールオゾン治療

ヒールオゾン治療は、塩素の7倍と言われるオゾンの高い殺菌力を利用して、虫歯菌の殺菌をするヨーロッパやカナダで広く行われている治療法です。従来のように虫歯を削るのではなく、オゾンを虫歯に照射することによって99%の虫歯菌を殺菌します。

痛みもほとんど無く、麻酔も必要ありません。ヒールオゾン治療では虫歯を全く削りませんので、神経まで達しているような深い虫歯でも神経を残して治療できる可能性があります。

岡山市でヒールオゾン治療

ほとんどの場合、C1と言う虫歯が適応ですがプラズマレーザーを併用することでC2、C3の虫歯にも使用する場合があります。C1程度の初期の虫歯を全く削らずに治療できる効果だけでなく、虫歯予防効果もあります。また、特殊なマウスピース型のトレイを使用して、歯全体にこのヒールオゾンを当てる治療も可能です。
ヒールオゾンを当てた歯は再石灰化しやすくなると言う論文も出ていますので、矯正治療中や永久歯が生えたばかりで表面が柔らかい時に虫歯予防治療で使用するのも効果が高いです。

ヒールオゾン治療の欠点としては、虫歯を全く削らないので虫歯の黒い部分にヒールオゾンを当てても白く変化することはありませんし、穴やくぼみが無くなることもありません。
また、効果を持続させるためには1年に1回の継続が必要ですしMIペーストを毎日使用するなどの積極的な虫歯予防も必要です。

  • この治療法は100%虫歯の進行を止めるものではありません。
  • この治療法は「自費診療」になります。

③カリソルブ

カリソルブ(Carisolv)

スウェーデンのメディチーム社より発売されている薬剤ジェルです。薬剤ジェルにより虫歯を化学的に溶解し、手用器具にて感染した虫歯部分だけ除去します。日本では2007年1月に承認されました。

カリソルブ治療は基本的にはタービンと言う機械は使用しませんが、虫歯のできている部分によっては歯を最小限ですがタービンで削る場合もありますし、小さなスプーンの様な鋭利器具で虫歯の感染した部分だけ除去します。

普通は全く痛みませんから麻酔無しの治療法になります。治療時の痛みが少なく、麻酔が無いので、小さなお子様や高齢者の方、麻酔の薬が禁忌の患者さんに特に有効です。
また、タービンと言う機械を使用しないので、歯科恐怖症の患者にも有効ですし、虫歯の部分だけ選択的に除去できますから、歯の過剰な削除を抑えることができます。

  • この治療法は「自費診療」になります。

④ドックベストセメント治療

ドックベストセメント治療はアメリカで開発された、ドックベストセメントに含まれる鉄イオンと銅イオンの殺菌力により、虫歯を無菌化する治療法です。

このセメントはアメリカのフィラデルフィアの歯科医師ジョン・ヘンリー・ホリデー先生が開発した銅イオン入りのセメントが発端でした。
そのセメントを1990年代にティモシー・フレーザー先生がブラッシュアップして、今の安全で殺菌力に優れた今のドックベストセメントが完成しました。

ドックベストセメント治療

ドックベストセメント治療は、例えC3まで虫歯が進行していても神経を抜かないですむ確率が高くなり、結果的に歯の寿命を伸ばすことにもつながります。
治療では虫歯の部分にこのドックベストセメントを詰めると、鉄イオンと銅イオンの殺菌力により虫歯菌が死滅します。

この金属イオンによる殺菌効果は持続して働き続けるため、一度この治療を受けると殺菌力がかなり長期間つづくことが証明されています。その為、虫歯の再発を防ぐことができるのです。

この治療法の欠点としては、全く虫歯を削らない治療ではないことです。麻酔はほぼしないで無痛に治療できるのですが、一部の歯を削ることが多くなる事と、このセメントには色がついているので前歯の虫歯治療には向かないことです。
また殺菌と再石灰化に時間がかかることも従来の治療法では多かったのですがプラズマレーザーを併用すれば時間の問題は解決できる場合が多いと言えます。
ただし、神経が大きく感染している場合は、この治療法の適応ではありませんし、ごく稀ですが術後に神経の痛みが出る場合もあります。

  • この治療法は100%神経を保存できる治療法ではありません。
  • この治療法は「自費診療」になります。

⑤MTAセメント

MTAセメントはドックベストセメントと同様に深い虫歯の治療に使用されます。

MTAはMineral Trioxide Aggregate(ミネラル三酸化物)の頭文字が名称の由来で、ミネラル三酸化物の集合体にX線造影性を付与するために酸化ビスマスを加えています。
日本では2007年にデンツプライ社が「プロルートMTAセメント」を初めて発売しました。

MTAセメントで虫歯治療

このMTAセメントは生体親和性が高く、他の歯科用セメントよりも細胞毒性が低く、新しい象牙質の形成を促進できます。また強アルカリ性(pH12)を示すために、細菌を殺菌して死滅させることが可能です。またCa2+が放出されることにより、象牙細管などで歯の成分であるハイドロキシアパタイトを形成することができるため、歯の再生が可能です。

上記のことから例えC3まで虫歯が進行していても神経を抜かないですむ確率が高くなり、結果的に歯の寿命を伸ばすことにつながります。

この治療法の欠点としては、全く虫歯を削らない治療でなく、必ず歯の一部を削ることが多いうえ、多くの場合で麻酔やプラズマレーザーを併用した治療になります。
また、神経が大きく感染している場合はこの治療法の適応ではありませんし、ごく稀ですが術後に神経の痛みが出る場合もあります。

  • この治療法は100%神経を保存できる治療法ではありません。
  • この治療法は「自費診療」になります。

⑥3MIX法

3MIX法は、虫歯菌に対して殺菌効果のある抗生剤を3種類混合(MIx)した薬剤を虫歯や歯根の中に塗布して、無菌化を図る虫歯治療法です。

3MIXで治療する場合は、虫歯を最小限に削った後、十分に患部を消毒する必要があります。その後、3MIXの薬剤を塗布し、その上をセメントで埋めます。
この時点ではまだ象牙質の深い場所に侵入した虫歯菌は生き残っていますが、その後、段々と3MIXの成分が深い部分に浸透し、残っている虫歯菌を死滅させます。
3MIX法であれば、C3まで虫歯が進行していても、神経を抜かないですむ確率が高くなり、結果的に歯の寿命を伸ばすことにつながります。

この治療法の欠点としては、全く虫歯を削らない治療でなく、一部は必ず歯を削ることが多い事と、多くの場合で麻酔を併用した治療になります。プラズマレーザーを併用する場合もあります。
また、神経が大きく感染している場合はこの治療法の適応ではありません。ごく稀ですが術後に神経の痛みが出る場合もあります。

  • この治療法は100%神経を保存できる治療法ではありません 
  • 3MIX法に使われる薬剤は厚生労働省に認可された安全性のある薬剤ですが、歯科治療用としては認可されていません。
  • この治療法は「自費診療」になります。

⑦プラズマレーザー「ストリーク」

当院はプラズマレーザー「ストリーク」を導入いたしました。現在は1台しかありませんが、既に2台目も注文しています。
このプラズマレーザー「ストリーク」は1台が1,000万円以上する、日本の歯科で使用するレーザーとしてはとても高価なレーザーなのですが、なぜ2台目を注文したかは、それだけ効果が高く優れているからです。

プラズマレーザー「ストリーク」による歯科治療

プラズマレーザー「ストリーク」は、高出力なレーザー機器と特別な酸化チタン溶液により、高温のプラズマ光球体を作り出し、その熱エネルギーによって虫歯治療や歯周病治療、歯質強化など様々な歯科治療を行える最新の治療機器です。
プラズマの熱エネルギーには、神経の感覚を一時的に麻痺させる働きがあるため、ほとんどの虫歯治療や歯周病治療、歯質強化処置も麻酔無しでほとんど痛みなく行えます。

この麻酔をしない治療法は、私自身、最初は半信半疑でしたが、今では患者様からこのレーザーの凄さを教えて頂いています。
プラズマの熱による治療と聞くと、熱くて怖いイメージですが、特別な酸化チタン溶液と水の冷却効果によって、患者さんはほとんど痛みを感じることはないので麻酔なしの治療が可能です。
麻酔をしないので、小さなお子様も高齢者の方でも、どなたでも治療が受けられる患者さんに優しい安全な治療法です。

プラズマレーザー「ストリーク」はネオジウムヤグレーザーと呼ばれる種類のレーザー機器になりますが、このレーザーの光は組織に吸収されると熱を発生します。
この熱を普通、痛みとして感じるのですが、プラズマレーザー「ストリーク」は1万分の数秒ととても小さな瞬間にレーザー光を発振することで痛みにならないのです。

また、その1ショットあたりの幅も50、100、200、400マイクロセカンドという、百万分の50~200秒単位で細かくコントロールできます。さらに1秒間に1~99発まで細かく発振することもできます。
瞬間的な熱を人間は感じることがありませんし、発振と同時に空気と冷水で冷却するので痛みもなく、やけどのようなダメージも全くありません。
プラズマレーザー「ストリーク」は最高出力13.86W、最大ピークパワー4KWと、どの歯科用レーザー機器よりも高出力です。

プラズマレーザー「ストリーク」治療には大きく分けて2つの仕組みがあります。

  • 組織を直接的に治療する「外科的レーザー治療HLLT」と呼ばれる、レーザーメスのように組織を切開したり、出血を止めたり、悪いところを取り除いて殺菌したりする作用を使う治療法。
    レーザー光をデリケートにコントロールして、冷却しながら治療できるので組織にダメージを与えにくく、術中・術後の痛みもほとんどなく良好な治癒が期待できます。
  • 「内科的レーザー治療LLLT」と言って、レーザーのエネルギーを患部に送り込み、組織を壊したりすることなく治療する方法。
    痛みや炎症の原因となる物質を分解したり、血流を改善したり、組織の新陳代謝を良くして、痛みを和らげ、治癒効果を高くする作用があります。最大ピークパワー4KWの高いエネルギーで患部を冷却しながら照射できるため、効率よく内科的レーザー治療を行うことができます。

プラズマレーザー「ストリーク」で可能な治療

※ほとんどの処置で麻酔薬は使用しません。

  • できるだけ削らない、痛みも少ない虫歯治療
  • 従来では取らないと治らなかった歯の神経の保存
  • 麻酔や薬剤を使用せず、極めて早く治る歯周病の治療
  • 麻酔や薬剤の使用が困難な患者さんの抜歯や小手術
  • 今までよりも高度な虫歯や歯周病の予防処置
  • 歯茎の黒ずみの除去
  • 歯科小手術(上唇小帯、舌小帯切除、ポリープ除去など)
  • 止血処置
  • 歯の白斑(ホワイトスポット)の除去
  • 顎関節症
  • 根管治療(歯の根っこにある神経の治療)
  • お口の中の痛みの除去

その他にも、当院にはエルビウムヤグレーザー、アルゴンガスレーザー、半導体レーザーがあり、治療内容によって各種レーザーを使い分けています。 院長である私は岡山のレーザー番長を目指します。

  • この治療法は「自費診療」になります。

⑧MIペースト

MIペーストは、カルシウムやリン等の豊富なミネラルや口腔内環境の中和作用と緩衝作用をもつCPP-ACP(リカルデント)を含んだ、全く新しいコンセプトの口腔ケア商品です。
ブラッシングした後に、MIペーストを歯に塗るだけで簡単に使用できます。

MIペースト(口腔ケア商品)

使用方法

  1. 歯ブラシなどの上にMIペーストを約1cm取り出します。
  2. 歯ブラシや綿棒で歯面全体に行き渡るように塗布します。
  3. 塗布後、3分間は唾液も吐き出さずにそのままにしておきます。 唾液と共に口腔内に保持される時間が長いほど効果が高くなります。
  4. 3分後、唾液を軽く吐き出したら30分間はなるべく飲食を行わないで下さい。その間は唾液を適時、吐き出します。
  5. 30分後に少量の水でうがいをして終わりです。目的は歯の再石灰化です。
  • 牛乳アレルギーの方は使用しないでください。リカルデントガムと同じ牛乳由来成分 CPP-ACP が含まれております。
  • この治療法は「自費診療」になります。

⑨POICウォーター

当院では、院内感染予防対策や歯周病治療のために給水ユニットに「エピオス エコシステム」を導入しています。院内のコップ水から手洗い水まで全ての場所でエピオスウォーター(POICウォーター)を使用しています。
POICウォーターはプラーク除去効果が高く、虫歯や歯周病に高い効果が望まれるため、当院の受付でも販売しています。

POICウォーターは高い殺菌力で、ほぼ全ての細菌・ウイルス(MRSA・肝炎・エイズなど)を殺菌します。POICウォーター生成にあたって薬剤・薬品は一切使用しておらず、高純度の塩と超純水だけを電気分解して生成したPOICウォーターは安全性が高く、小さいお子様からご年配の方まで老若男女どなたでも安心して使用して頂くことが可能です。

POICウォーターは、不純物を極限まで取り除いた「超純水」と、純度99.9%の「塩」を混合し「電気分解」した薬品を全く使用しない殺菌水で、プラーク(タンパク質汚れ)を分解し、プラークの下にある虫歯菌や歯周病菌を殺菌する2つの効果があります。

使用方法

  1. 食後や就寝前、気になった時ににキャップ一杯(約10cc)のPOICウォーターで30秒程しっかりと力を込めてうがいをします。
  2. うがいの後にPOICウォーターを歯ブラシや歯間ブラシでブラッシングして更に効果を高めます。

⑩エピオスエコシステム

院長の私が今まで一番苦慮していたのが水の殺菌です。
歯科医院のうがいをする水には多くの雑菌が含まれており、その雑菌が歯科医院の治療効果を悪くするだけでなく、院内感染の原因になったと言う報告も、日本では無いのですが海外では報告されています。

患者さんの院内感染対策もなかの歯科で働くスタッフの健康も考えたい。
そこで、なかの歯科では、院内感染予防対策や歯周病治療のために給水ユニットに「エピオス エコ システム」と言う殺菌水治療システムを導入しました。

エピオスウォーター(POICウォーター)と言う機能水・殺菌水を院内のコップ水から手洗い水まで、すべての場所で使用しています。
殺菌といっても、このエピオスウォーター(POICウォーター)は元来、人体に備わっている殺菌成分のため、人体に悪影響を及ぼすことはありません。
悪玉細菌を除菌しながら、なおかつ人体に影響が少ない機能水、それがエピオスウォーター(POICウォーター)です。

当院では、水が流れるあらゆる場所にエピオスエコシステムによる機能水・殺菌水が用いられており専門機関の水質検査においても「細菌の発生が見られない」という結果を得ております。

その他の治療における選択肢

歯科治療の選択肢(虫歯、歯槽膿漏など)

今までご紹介した治療法を含めた、各歯科治療の選択肢をご紹介します。分らないことがあれば「歯の悩み相談」サービスをご利用ください。

神経を抜かない治療法

抜歯しない治療法

  • エムドゲイン法 歯周外科
  • クラウンレングスニング
  • エクストルージョン

ひどい虫歯の治療法

ひどい歯槽膿漏の治療法

痛くなく麻酔しない虫歯治療

歯の悩み相談

当院では、歯の悩みを少しでも解消できるよう院長の中野が「ライン」や「メール」で直接お答えいたします。お気軽にご利用ください。
※無料相談の対象:岡山在住で当院に通院できる方。

歯科治療のご相談・予約は「なかの歯科クリニック(岡山)」へ 歯科治療のご相談・予約は「なかの歯科クリニック(岡山)」へ
歯科治療 無料ライン相談(岡山の方限定)歯科治療 無料メール相談(岡山の方限定)

医院概要

なかの歯科クリニック初診予約
上段に戻る
歯科治療の電話予約・相談(岡山)
なかの歯科 24時間初診予約
歯科治療メール相談(岡山限定)
ページ上段に戻る