ファイザーが新型コロナ治療薬を発表
パクスロビドと呼ばれる治療薬は
90%の人に効果があると発表されていた。

あのビルゲイツが「来年にはコロナは収束する!」
と言ったように、やっとやっと私たちは
コロナウイルスの脅威から逃れることが
出来るのだろうか?

コロナ後に来るのは、インフレと増税!
これは間違いない!!


12月1日に私は120名の方を前に
「お口の手入れは命の分かれ目 噛む噛むエブリバディ」という
講演をさせて頂いた。

当日は数日前からのアニキサス食中毒で
深夜の4時に痛みで目が覚め、朝もお昼も全く食事が
喉を通らないひどい体調で、講演も完璧とは
行かなかったのだが、それでも好評を得ることが出来た。

参加された方数名からLINEで歯科の相談を受けることが出来た。

参加された方が「ずっと歯医者に行っていない
うちの旦那を見て下さい!」と患者様が来院された。

うちの町内でも同じような話をして欲しいという依頼が来た。

しかし、しかし、一番大きな変化は
「YouTube等で歯科の情報発信を頑張っている中野先生に
例えばインプラント治療や、オールオンフォー治療や
マウスピース矯正、インビザライン治療や
単なる正しい歯の磨き方に関するWEBでのセミナー
ウェビナー(Webinar)をやって下さい!」という依頼だ。


ウェビナー(Webinar)は歯科医師の先生向けには
ホワイトクロスさんで行ったことがある。

その時は東京のホワイトクロスさんのオフィスに
伺って私は緑色のバックを前に話すだけだった。

今度は私がZoomを主催して全国の方に
歯科の情報を発信する番だ。

しかし、しかし、Zoomでは私は単なる参加者として
Zoomセミナー参加したことはあるのだが
主催者として主催したことは無い。

専門の方にお話を伺うと
講演時間は質問を入れても20分から30分まで
曜日は土曜日の午後4時から6時までの時間が
参加される方には都合が良いらしい。

私は数か月前から定期健診の予約が入りにくい
土曜日の午後は「院長は土曜日の午後は診療に
出なくても大丈夫です!」とスタッフに言われ
私の診療枠は2枠とも定期健診の枠になった。

土曜日の午後は私は空いている!

しかし、YouTubeの3分から5分の短時間の
しゃべくりYouTubeと20分から30分の
WEB講演は全く違う。

生配信は失敗や撮り直しは許されない。

しかし、しかし、この私には過去にテレビで13年間
ラジオで15年間もずっと継続している
歯科のコンテンツがある。

YouTubeやFacebookでの生配信もある。

私が歯科医師としてお伝えしないことは
山のようにある。

案ずるより産むがやすし!

歯科医師 中野浩輔の歯のチャンネル生配信をお楽しみに!!