「最近、生魚食べました?」

「えっ、いましたか?」

「はい、いますね!良かったですね
原因がわかって!!」

 

 

私は胃カメラの後に正直に先生に全てを話した。

 


「月曜日の朝にふるさと納税のトロ箱が届いて
私は月曜日の夕食に、鯖と歯ガツオとヒラメの
お刺身を食べました。

鯖はお刺身用と書かれていましたが
妻とこれ危なくない?と言いながら食べました。

鯖も歯ガツオもヒラメも凄く美味しかったです。」

 

 

これですね!

 

 

先生は胃カメラの組織片をつかむ機械で
掴みとってくれた虫を見せてくれた。

 

 

「これが原因ですね!」

「やはりアニサキスでしたか?

妻と危ないよね!と言っていたのですが
全く気が付きませんでした。」

「鯖ですかね?歯ガツオですかね?ヒラメですかね?」

 

でも数か月前の東京の講演でも
私は全く同じ長く続く痛みを経験した。

あの前は大阪で妻とイタリアンを食べに行っていた。
確かにイカや生魚をカルパッチョで食べていた。

あの時の痛みもアニサキスだったのか?

 

 

全ての謎が解けた。

 

 

胃カメラの検査が終わった後に
看護師の方が私に声を掛けた。

「決まりにより保健所に通知しないといけません。
先生の連絡先を教えて頂いても宜しいでしょうか?」

私は「喜んで!マイプレジャー!!」とクリニックと
私の携帯番号を伝えて、すぐに妻に電話した。

 

同じものを食べた家族は大丈夫か?
私と同じ苦しみを感じていないか??

 

心配で胃が痛くなってきた!