診療が終わり、インビザラインの
担当の方と当院のインビザ担当スタッフとの
ミーテングが30分!そこで6時半

私が事務仕事のために診療室に行くと
スタッフがまだ残って残業している。

もう既に夜の9時を過ぎていると思ったら
まだ8時前!

開業した30年前当時、午後8時まで普通に
診療していたのが夢のよう!!


当院はPCやスマホのLINEから
歯科の無料相談を受けている。

多い日にはLINEだけで1日15通から
20通のLINE相談が寄せられる。

そんな中で一番多い相談がこれだ。

「他の歯科医院で抜歯と診断されて
インプラントを薦められました!
本当に抜歯が必要でしょうか?
セカンドオピニオンで診て貰えませんか?」

セカンドオピニオンとは別の医療機関で
診断を仰ぐもので、これは患者さんの権利であるために
私たちは拒否することは出来ない。

抜歯の診断を受けた理由は様々だ。

根っこの先に膿が溜まっている!
歯が割れている!!
虫歯が深く進行している!!!
歯周病、歯槽膿漏が進んでいる!!!!

歯のけが、外傷を除けば
概ね抜歯の原因は上の4つになる。

しかし2番目の歯が割れている!
私たちは歯根破折(しこんはせつ)と呼ぶ中でも
全くの上下の破折以外なら
マイクロで見て歯根端切除をしたり
歯を引っ張り出すエクストル-ジョンをしたり
歯周病再生療法をしたりで
結構歯を残すことが出来る。

相談で来られる方の保存できる割合は
当院の場合、ハーフ&ハーフの50%くらい。

しかし、その残した歯は10年も20年も
持つのですか?と聞かれると答えは違ってくる。

「持つ場合もありますが、残念ながら
持たない場合もあります!」

今日来られた方は、歯根破折だが
折れている部位は決して深すぎることは無い。

最初の歯科医院では、これを抜歯の宣告
抜歯後はインプラントで40万円

治療期間は約6か月。

2件目の歯科医院では、エクストル-ジョンをして
ファイバーコアとセラミックで20万円強
治療期間は約6か月。
しかし保証は一切なし。

3件目の当院ではGPと言う歯肉切除して
ファイバーコアとE-MAXのセラミックで8万円
期間は1か月!


次回の予約を取らないで帰られたところを見ると
私の説明に納得されなかったのか?

歯を残すための費用が安すぎたり
期間が短すぎて逆に信頼されなかったのか?

今夜は眠れない!!