コロナで変わらないといけない
歯科医院運営!

当院は私が新規で歯科医院を
開設してから30年!

今から最低でも70年は継続しないと
いけない。

そのために私たちが生き残るべく
今後の大きな戦略をスタッフに伝える。

こんな時代だからこそ
ブレーキを踏むのではなく
アクセルを全開にしよう!


誰もが嫌な口臭、実は予防できる!

ポイント1 口臭には種類がある。

口臭には種類があります。それが生理的口臭と病的口臭です。

生理的口臭とは、病気のない健康な人に起こる口臭のことで、
病的口臭とは歯周病などのお口の中の病気
もしくは全身的な病気によって起こる口臭です。

生理的口臭には、例えば年齢による加齢性口臭、起床時口臭、
緊張時口臭というものがりますが
実はこれは全て唾液の減少により起こる口臭です。

またホルモンの変調による口臭です。これは女性の方に多いのですが
月経時口臭とか思秋期口臭とか更年期講口臭があります

次に食べ物による口臭です。これは多くのかたが経験される
ニンニクとかアルコールを摂取することによって起こる口臭です。

病的口臭は、お口の中の病気、例えば歯周病による口臭とか、
全身の病気、糖尿病とか肝臓とか腎臓の病気によって口臭が起きることです。

こちらの病的口臭に関しては、病気をまずはきちんと直す必要があります。


ポイント2 唾液の大切

口臭があると感じる人は全体の80%を超えると言われています。

口臭の原因は、生理的な口臭と病的な口臭があるとお伝えしました。
特に舌苔(舌の表面の汚れ)と歯周病などお口のトラブルに
口臭の原因がある場合があります。

口臭の一番多い原因が、唾液の減少です。

唾液が減るとお、口は臭いやすいのです。

誰にでもある程度の生理的な口臭はあります。

そのお口の匂いは、唾液の量にかなり大きく影響されています。
唾液は、お口の中を洗浄とか自浄する作用があるからです。

例えば眠っている時は唾液が止まりますから
どうしても口の中が乾燥しやすく、特に寝ている時に
お口がポカンと開いている口呼吸をされている方は
朝起きた時に口臭が特に起きやすいです。

また緊張すると、人は唾液が止まってしまいますから
そのタイミングでも口臭が起きやすくなります。

女性の方はホルモンの変調による妊娠時、月経時、
思春期、更年期の時期に口臭が起きやすくなることが分かっています。


今日はここまで!