現役開業医が語る歯科医院SEO/MEO対策2021
~成功例をもとに解説する新時代の集患ノウハウ~

岡山市内で歯科医院を開設しています中野浩輔と申します。

皆さん、コロナ禍の今、歯科医院経営はいかがでしょうか?

当院は岡山市内でも、同業者の歯科医師の先生方から
辺鄙な場所にあるとか、岡山のチベットにあると言われるくらい、
凄く不便な場所に歯科医院を開設したので、
患者さんを集めることはずっと大変でした。

そんな私を救ってくれたのが、今から20年前に開設した
歯科医院のホームページでした。

当時は岡山市内では歯科医院のホームページに
力を入れているところが少なかったため、
「ホームページを見ました」と多くの
新規の患者さんが来院されました。

それから私は、SEO対策や、グーグルやヤフー等の
ネット広告の出し方をずっと学んできました。

パソコンのホームページからスマホのホームページへと
時代は変遷して行き、最近ではグーグル一強となり
スマホで歯科を検索した時に、ネット広告、マップ検索、
自然検索の順番で、表示されるように変わって来ました。

そしてコロナ禍の今、一般の方が歯科医院を選ぶのに
スマホでグーグルから歯科医院を検索している
ユーザーが激増していることを皆さんはご存知でしょうか?

私はこのコロナの影響は2年から3年は
続くと予測しています。

下手をすれば、2年から3年も売上も利益も
減らすことになりかねません。

当日はマニアックな話題ながらも、私が現役の歯科医師として、
今までネット対策で、何を行ってきていて
歯科医院の院長なら、今すぐ何をするべきで
何をするべきでないかを、具体的にお話したいと思っています。

全てをさらけ出します。宜しくお願いします。

医療法人なかの歯科クリニック

理事長 中野 浩輔

 

 

 

まずいな!抄録は200文字以内、これでは800文字も書いている。

今夜中に削除してまとめないと!!