明日から連休明けの診療が始まる。

岡山では感染者の数は少ないので
まだひどい影響は受けていないのだが、
東京都内の友人の歯科医院は
一次休診していたクリニックの診療を
開始するのか?もう少し休診を延ばすのか?
縮小して再開するのか?
心配は尽きない。

今回の騒動で、私が考えているシナリオはこうだ。

①半年以内に全てが終息して、ほぼ以前に戻る!

②1年から2年かけて、第2の波第3の波を繰り返しながら
ゆっくりと終息に向かう。

③一度体内に入ったウイルスは決して体内から
排出されることはなく、一生人間はこの
ウイルスと戦う運命にある。


①が楽観論、③が悲観論であれば、普通は
②のシナリオを信じて行動したり準備したり
するべきだが、経営者は最悪の事態を考慮しないと
いけない。

もっと最悪の事態は、今日本に南海トラフのような
大きな地震が来たり、日本が今後ハイパーインフレに
見舞われたり、預金封鎖になると言う最悪のシナリオだ。

繰り返し述べるが経営者はスタッフの雇用を守るためには
最悪の事態も想定して行動しないといけない。

だから私は以下の順番で行動を起こしている。

①最悪の事態を考えて、とりあえず
歯科医院の手持ちのキャッシュを最大限に増やす。

②助成金、補助金を調べて、とりあえず
歯科医院に適応する全てに手続きする。

③固定費を見直す、無駄な経費を細かく調べて削減する

④歯科医院の生き残りをかけて、アフターコロナ
の大規模な変化を考える。

連休の数日は①の金融機関への書類を全て用意した。
あるコンサルタントの先生から1年分の固定費を
キャッシュで用意するように言われ
私は数億円の融資を各金融機関にお願いした。

昨日と本日は、クリニックのクレジットカードの明細や
クリニックの請求書を細かく調べて
無駄な経費をドンドンと洗い出していった。

この8日間、私は午前6時前に起床して、机に向かい
この凄く面倒臭い事務作業に追われた。

朝の時間は本当にゴールデンタイムで私が
一番苦手とする事務作業はサクサクと進んだ。

午後は整理整頓の時間!

無駄な本をブックオフで処分して
粗大ごみは持ち帰ってもらったり売り払った。

夕方からはインプットの時間!
アマゾンのキンドルで本を読みまくったり
Zoomセミナーで歯科の最新の情報をGETした。

午後5時からは家族で早めの夕食を採り
お酒を毎晩飲みながらアマゾンプライムや
ネットフリックスで映画を2本見る。

そして、アフターコロナに向けて
するべき行動表を書いて自分を奮い立たす。

間違いなくこ8日間私は、ほぼほぼ自宅に留まり
あるとあらゆる情報を得る努力をした。

そして必要な情報はかなり得たことは事実であるが
度重なるストレスで髪が薄くなり、飲み過ぎ食べ過ぎで
下腹が大きく出たことも残念ながら事実である。