土曜日の終日、私は診療室に出ないで、
融資関係の事務作業と足らない物品の
手配に明け暮れる。

近くの公園で10名以上のお年寄りが
マスクもしないでゲートボールに
熱中している。

岡山は感染者数は少ないのだが
緊急事態宣言が出ているのを
あの方々は知っているのだろうか?

コロナ問題が出て、ニュースにもなっているように
医療機関は歯科医院ももちろん、マスク、グローブ
アルコールが手に入らない。

特にマスクはひどい状況だ!

当院の敷地は303坪もあり
専用の在庫管理の倉庫だけでも
数台ある。

だから置き場の少ない都内の歯科医院と
比較して、在庫が多く確保できる
贅沢な状況にある。

マスクもグローブも早い段階から
指示を出していたので、目先数か月分は
45名のスタッフ分は確保しているはずだった。

しかし、新型コロナの影響が一向に
収まらない状況に2か月前には5か月分
1か月前には4か月分の在庫のマスクも
5月に入り、後3か月分の在庫にまで
追い詰められてしまった。

2か月以上前に、香港の友人から
香港ではマスクが全く手に入らないので
何とかして欲しいとの1本のメールから
私と妻は岡山と東京でドラッグストアを
駆け回り何とか希望される500枚の
マスクを用意して海外宅配便で香港に
送付した。

その頃はまだ1人1箱でもマスクが
手に入る状況であった。

その後、マスクは私たち医療機関でも
注文しても全く手に入らない状態になった。

国から歯科医師会を通じて
2度ほど計100枚のマスクを
無料配布して貰ったのだが
当院では4日で使い果たした。

私はこんな時期だからこそ、中国から
ダイレクトに輸入して、仲間の歯科医院に
配ろうと思って、中国のマスク会社と
交渉を続けるも、足元を見られたのか?
それても原材料の高騰が原因か?
1枚が60円~70円の価格を提示されて
オーダーするべきかどうか迷っていた。

恥ずかしいことに私はマスクやグローブが
クリニックに幾らで納品されているか?
全く今まで知らなかった。

全てをスタッフに任せていた。

コロナの前は医療用マスクは1枚10円程度だった。

マスクの原産国は80%が中国!
輸送費や関税、手数料を考えると
コロナ前は中国からの価格は1枚
5円~6円程度のはずだった。

それが新型コロナの影響で10倍以上に
高騰している。

グローブもフェイスシールドも
手術着も手に入らない。

じっと手を見る!!