睡眠時間、5時間弱で、目が覚める!

早朝の6時前はゴールデンタイム
パソコンに向かい私が一番嫌いな
事務作業をするのには最も適した時間!

但しコロナ対策での睡眠不足だけが心配!!


4月に入り新型コロナウイルス対策で
歯科医院の院長の私は忙しい。

歯科医院のトップの私が今思っていることは
簡単な3つのことだけである。

①まずは歯科クリニックからコロナを出さない、
入れないこと。

私は地元岡山のマスコミの仕事を10年以上継続して行っている。
また岡山大学歯学部同窓会の会長も10年務め
日本歯科医師連盟のお役を過去していたこともある。

万が一のことがあると、当院のスタッフや患者様だけでなく
多くの方に多大なるご迷惑をお掛けすることになる。

だから普通の歯科医院以上に感染対策は
勿論あらゆることに出来るだけの努力をしないといけない。

②45名のスタッフの雇用を守ること

歯科医院で働くスタッフも新型コロナウイルスとの
恐怖に怯えながら、普段の仕事をしっかりと頑張っている。

どんな状況になっても、彼ら彼女らをトップとして
守らないといけないと強く思う。

③歯科クリニックを決して倒産させてはいけない。

歯科医院を倒産させてしまうと
スタッフを路頭に迷わせてしまうだけでなく
多くの関係者の方にまたも多大なるご迷惑を
お掛けしてしまう。

倒産させないためには、まずはキャッシュの
積み上げが必要だ。

当院は開業して29年目になるが
今までの28年間は増収増益で右肩上がりの
成長を努めてきた。

しかし、私の理念で利益はどんどんと
スタッフへの人件費のアップ分、
また新しい機材機械の購入や、クリニックの
リニューアルに使ってきて、ほとんどの
歯科医院と同じようにキャッシュフローが
そんなに滑沢とは言えなかった。


そんな私はここ数週間は日本政策金融公庫を始め、
メインバンク、サブバンクの金融機関に緊急の融資を
お願いして、この状況がもし1年間継続しても
クリニックのキャッシュが途切れないように
早め早めの対策を講じてきたつもりだ。

祝日の今日も金融機関への書類を書きながら
ふと鏡に映った私の姿を眺めてみる。

確かにこの2か月間ずっと私は
大きなストレスを感じていた。

確かに暴飲暴食が続いていて
飲めないお酒を飲む日が増えていった。

でも何だこの腹は?膨らんだデカい顔は??

体重計に乗りオーマイガーッ!!

果して5月6日まで私の体重はどこまで
増加するのでしょうか?