前歯のインプラント

前歯のインプラント治療で悩んでいる方は多い。

今日の診療後にも前歯のインプラント治療で
悩んでいる方に説明することになった。

まずは、今は歯があるのだが、歯が割れてしまったり
歯の根っこに膿が溜まっていて抜かなければ
いけない場合。

この場合はインプラント治療には2つの方法がある。

それは抜歯待時(たいじ)インプラントと
抜歯即時(そくじ)インプラントだ。

抜歯待時インプラントは昔からあるオーソドックスな
インプラント治療だが、まずは抜歯をして
3か月程度、骨や歯ぐきが治癒するのを待ち
それからインプラントの埋入手術をする。

抜歯即時インプラントは、抜歯するのと同時に
インプラントを埋入して、仮の歯まで入れる。

患者さんにとっては嫌な外科の処置は2回よりは
1回の方が精神的にも肉体的にも楽

また何回も歯ぐきにメスを入れると歯ぐきが退縮して
見た目が悪くなる恐れがある。

そのために、当院では歯が残っている方の多くで
抜歯即時インプラントをするケースが増えて来ているのだが
問題は抜歯即時の方がテクニック的に難しいこと。

奥歯のインプラントのポジションは1㎜位なら
例えずれても上の歯で修正が出来、大きな問題にならない。

しかし前歯のインプラントのポジションが1㎜ずれると
仕上がりに大きな問題を残す。

だから私たちはピエゾサージェリーと言う超音波の
機械を使用したり(この機械だけで100万円以上する!)
ガイドサージェリーと言うガイドを使用して
ピンポイントでインプラントを埋入する。

また前歯のインプラント治療の場合、CTG(シーティージー)
と言う歯ぐきの粘膜を移植したり、GBR(ジービーアール)と言う
骨の造成を行うことも多い。

このように前歯のインプラント治療は複雑な事前の準備が
必要なことが多いので、受ける時は担当の先生と
事前にしっかりと話し合い、理解して納得してから
治療に入ることが必要と思われる。