Skip to Content

中野浩輔のステキな笑顔

岡山の歯科医師ブログ

Monthly アーカイブ : 2020年9月

岡山の歯科医院がテレビ局から取材に!

Written on 2020年9月30日, by 中野 浩輔

深夜まで、歯科医院の補助金、
助成金の申請に走りまわる。

午後8時の時点で、当院の駐車場では
なかの歯科なわとびクラブの面々が
ビュンビュンと2重飛びを
している音が響き回る。

少し前に私が飛んだ時は残念ながら
1回も2重飛びは出来なかった。

でもダイエットはしたい!!!

全てが患者様の笑顔のために!


今日の午後にあるテレビ局から
1本の電話が入ってきた。

それは岡山に本社がある「テレビS」

C銀行がプレゼンスしている某番組で
当院を密着取材したいと言われている。

私のマスコミからの私の返答は
「はい!」「いえす!!」「喜んで!!!」
以外には絶対に無い。

当院のスタッフには、好き嫌いがあるのは当然だが
業務命令で勤務時間中は私の指示に
従って貰いたい。


いよいよ、なかの歯科のモテキが
やっと来たかと嬉しく思う。


電話を取った受付スタッフに
「テレビSから取材の依頼があった!」そう告げると
「院長!RSK山陽放送での立場は大丈夫ですか?」
と心配してくれる。


大丈夫!

テレビSの社長さんとも、RSK山陽放送の
社長さんとも、私は仲良くさせて頂いている。

こう見えても、マスコミ対応も
身辺調査も完璧な私!!

決して週刊文春は私の元には
決して来ない!

しかし、どうやらマスコミの方が
ご興味があるのは?歯科医院でなくて
こっち???

https://st-seiyaku.com/

これを今年中に最低で5000個~10000個を
売らないと、絶対に独占契約は切れるよな?

売れるためにデジタルは勿論
アナログ的な、チラシの作製に
尽力しているのは、57歳のおっさんの
歯医者だからだろうか?

歯科医院の看板は?どう??

Written on 2020年9月27日, by 中野 浩輔

日曜日も深夜まで
ずっと仕事をしている私。

知らない人も多いと思うが
昔「24時間戦えますか?」と言う
キャッチのリゲインのCM。

私は歯科医院の経営者として
24時間スイッチは切らないことを
お約束致します。


今日の日曜日は午前11時から
脳科学の5時間に及ぶZoomセミナー

わかっていたことではあるが
5000円の参加費用では肝心なことは
全く教えて貰えないで、前半は終了!

後半の個別コンサルは毎月高額な
費用を請求される算段!

Facebook広告は既に死んでいます。

間違ってクリックするだけで
大きなお金が瞬時が飛んでゆき
決して成功は出来ないことを
お約束します。

 

しかし、Zoomで小人数なために退出も出来ないで
無駄な5時間を過ごす私!

 

実は今日だけで3つのZoomセミナーに
申し込んでいた。

 

今でも当院は立地が分かりにくいとか
辺鄙な場所にあるとか、ボロカスに
言われることが多い。

新規の患者さんに
「そちらの場所がわからなくて
たどり着けないので、残念ですが
キャンセルします!」と言われることは
毎月1人から2人はいらっしゃる

 

これは由々しき問題で解決しないといけないと思い、
3つのWebセミナー後、自転車に乗り当院の
1K四方を走る回る。

 

やっと私は気が付いた。

当院は場所がわかりにくい。

辺鄙な場所にあるとか?
岡山のチベットと揶揄されるのも
仕方ないと今さらながら気が付いた。

 

この状況を打破するためには?

私の脳みそはフル回転で回ったよ!


そして57歳の私の脳みそが出した結論!

看板を増やせば、いいんじゃねー!!!

ベタ過ぎてグーの音も出ない

岡山市の幼稚園で歯科検診

Written on 2020年9月27日, by 中野 浩輔

近くのスーパーで買った990円の
高知の養殖の大きな鯛!
アラはアラ炊き、半身は刺身と
カルパッチョ、後の半身は
明日の夕飯で焼く予定!!

美味しくて大満足!!!
やはり鯛は素晴らしい。

1匹390円の高い生サンマを3匹
買わなくて本当に良かった。


コロナの関係で学校検診全てが延期になり
当院が担当している幼稚園、保育園の
歯科検診が延期になっていて
やっと先週の木曜日から再開された。

当院では今は5校の歯科の校医をさせて頂いている。

先週の木曜日に1つの幼稚園の歯科検診があり、
私と衛生士の2名で伺うことになった。

57歳の私は私はこの幼稚園のOBでもあり
53年前に今とは違う場所ではあるが
実際にこの幼稚園に私は通っていた。

だから特別な思いを毎回感じながら
精一杯の思いで歯科検診をさせて頂いている。

不思議なことにこの幼稚園で歯科検診をしていると
53年前から52年前のことが、なぜかわからないが
鮮明に記憶が蘇る。

私の初恋は4歳の年少さんの時の担任のA先生だった。
今でも私の記憶にはA先生のお顔が鮮明に蘇る。

髪が長くて、パーマを当てていて目が大きくて
キレイな先生だった。

近くのお寺の息子のF君が幼稚園で
うんこを漏らした時に、はやし立てて
A先生から凄く怒られた。

初恋の大好きな先生から叱られて
あのときから 私のM(エム)の性格が
芽生えたのかもしれない。

この幼稚園の目の前で交通事故にあった
記憶も蘇ってきた。

私は5歳の時に、この幼稚園の目の前で
当時、無免許だった人のバイクに惹かれて
大けがをして、死にそうになった。

今でも私が生きていることが奇跡だと
言われるくらい新聞にも載った大事故であった。

私の右奥の頭は今でも大きく陥没していて
私は剥げても坊主にはできない理由がある。

あの事故がなかったら、私は東京大学に進学して
今ではノーベル平和賞を貰っていたはずだ。

そんな妄想をしながら園児の歯科検診は進んだ。

しかし今年はコロナの影響で私と歯科衛生士は
ゴーグルの上にフェイスシールドをして
完璧な体制での検診!

小さな子供たちも皆がマスクをしている。

ほとんどがお母さまがミシンで作った手作りのマスク!

しっかりとしていてお顔に密着しているのは良いのだが、
分厚い生地が多くて、呼吸を心配する私!!

本当に、しっかりと息は出来ているのか?

園庭で遊ぶ時も誰もがあのマスクをすると聞いた。

決して否定はしないけど

ちょっと、間違っているような気がするのは

私だけであろぅか?