生まれて初めてメルカリで
2着のスーツを購入。

中古でも15000円で
こんなに状態の良いスーツが
手に入るとは?

ケチな私は今後
新品のスーツは決して
買わない!!

土曜日は1年ぶりに新人女性スタッフの
食事会を開催した。(ドクターは別!)

新人とはいえ、コロナで
既に入社して1年も経過している
スタッフもいて、遅くなり本当に
申し訳なかったと思う。

美味しいイタリアンを食べながら
ペアリングでワインも飲みながらなので
話は盛り上がる。

スタッフの彼やご主人や子供さんの
写真を見せて貰ったり、診療室では
決して話せない話が出来て本当に
良かったと思う。

話は医院旅行の話になった。

昔は毎年のように医院旅行で海外に
行っていた。

余り海外に行かなくなった若いスタッフに
海外の文化に直接触れて欲しいと
強く思っていた。

今から12年前の開業20周年を記念して
医院旅行はハワイに行くぞ!と私は
スタッフを盛り上げて、皆でハワイに
行った絵まで書いて貰って
準備を進めていた。

そこに東日本の大震災が起きた。

日本がこんな時に私たちだけ
ハワイに行くことは日本人として
決して出来ないと私は
スタッフにも相談した結果
医院旅行のために備蓄していた
200万円をそのまま山陽新聞事業団に
寄付した。

スタッフ皆でのハワイ旅行は流れてしまった。

6年前から歯科衛生士として勤務しているAさん、
年に数回の私との個人面談のたびに
「院長、海外旅行に連れて行って下さい!」
と熱烈にお願いされていた。

私は2つの案を練っていた。

1つはシンガポールに行きマリーナベイサンズに
宿泊する。

2つめは、思い切ってフランスのパリに行き
ヨーロッパの文化に触れる。

かなり絞られていた段階でコロナが来た。

2つの案は残念ながら流すしか方法が無かった。

来年には皆で海外に行きたいね!
私はそうスタッフに話をした。

しかし、スタッフ同士、一番盛り上がった話は
「あなたはそんな顔だったのね!」と言う話題だ。

診療室ではマスクを決して外さない状態が
数年続いているので、私は新人スタッフの
下顔面をまざまざと見ることは今まで無かった。

新人スタッフも59歳になる院長の顔をまざまざと
見ることは無かったと思う。

自宅に戻り、自分の顔を鏡で
見てみると、皺もシミも白髪もひどい!

今度60歳になる私は年相応の顔をしている。

医院旅行の行き先決まりました。

韓国のカンナムの整形通りに皆で行きましょう。
1人5万円までのプチ整形は私が出します。

それ以上は自腹でね!!

私はシミを取って、糸で顔を
引っ張って貰おうかな??