こんな時期に校医をしている
幼稚園での歯科検診。

多くの保護者の方が遠方から
眺める歯科検診は感染予防対策を
完璧にするために、やたらめったら
時間がかかる。

グローブの消費量と手洗いの回数は
半端ではなかった。


コロナでも、しっかりとした歯科医療の提供と
歯科に関する情報提供を頑張っていたつもりだが
私と当院に対するクレームが相次ぐ。

先日は当院のコロナ対策に関して
本日は私のブログの内容について

「歯科のブログなら、人に役立つ歯科情報をもっと書け!
お前に関する、つまらない情報はいらん!!」

了解しました、岡山の地方の歯科に関する情報を
しっかりとブログにもアップします。

今回の情報は、歯並びを治す歯科の矯正治療について!

特に最近、急速に増えているのが、インビザラインを筆頭にする
マウスピース矯正です。

コロナで誰もがマスクをしている今、この時期に
歯並びを治す矯正治療を希望される方が増えています。

マスクで見えないのですが、特に増えているのが
インビザラインを筆頭にするマウスピース矯正です。

マウスピース矯正はインビザラインの特許が無くなっている今は
百花繚乱の状況ですが、格安マウスピース矯正での
トラブルが増えているのを皆さんはご存じでしょうか?

通常なら100万円程度かかるマウスピース矯正が
10万円や15万円程度の格安だったり、自分が希望する
段階ですぐに止めることが出来るシステムが出ています。

30年前から歯科矯正をずっと行っている歯科医師の立場から
正直にコメントしますと、あの格安マウスピース矯正は
釣りで例えると、単なる撒き餌に過ぎません。

開発者の先生やHPやLPに顔を出している矯正の先生に
お話を伺うと、格安のシステムで最後まで
きちんと終えるのが10%から15%みたいです。

ではどうしているのか?

格安マウスピー矯正を希望されて来院された方に
「あなたはこのシステムでは無理です!」と言って
高いシステムを進めているのです。

岡山でマウスピース矯正をご希望される方
特にインビザラインを希望される方は
是非当院でご相談ください。

医療法人なかの歯科クリニックは
9月1日から、医療法人なかの歯科・矯正歯科クリニックに
名称を変更いたしました。