患者さんのために院内の
フリーWiFiを導入した。

もちろん幾ばくかの費用をかけて

それから、なぜかネット環境の
接続が悪く、プリンターに関しては
亀の歩みより遅くなっている。

2枚の印刷に10分もかかる。

じっと手のひらを見る!!


先日の汐留での歯科医院経営セミナーで
コロナのためか?歯科医院での訴訟や
クレームが凄く増えていると聞いた。

先日に見学した大阪の歯科医院でも
クレームが多いので、待合室に
クレーム対応の大きな張り紙をしていた。

岡山の当院では、今までは患者さんも近所の顔見知りの
方が多くて、大きなクレームや問題がほぼ無かったのだが
今後のことを考えて、数年前から
顧問弁護士の先生に当院の顧問をお願いしている。

歯科医院では通常は顧問税理士の方は普通にいる。

最近ではスタッフの雇用の面で、顧問社会労務士の
先生と契約をしている歯科医院も増えている。

当院ももちろんそうである。

しかし、しかし、たかが歯科医院で
顧問弁護士の先生と契約している歯科医院は
かなり少ないと思っている。

誤解のないように言えば
当院がブラックな歯医者で
訴訟が多く、クレームが多くて
法律の裏をかくために
悪徳弁護士の先生と手を組んでいる訳では
決してない。

転ばぬ先の杖なのだ。

大阪の歯科医院を真似て当院でも
待合室に張り紙をしようと思っている。

今日の診療後は張り紙の文面を延々と
考える私!

ご来院の皆様へ
迷惑行為により診療を今後お断りすることがあります

当院では、次のような迷惑行為があったと判断した場合に
診療をお断りする場合があります。
また必要に応じて顧問弁護士や警察の協力を仰ぎながら、
毅然とした対応を取らせて頂きます。
患者さまの安全を守り、診療を円滑に行うと共に、
最善の医療を提供するためにも、何卒ご理解の程をお願いします。

1、他の患者さんや職員にセクハラや暴力行為があった場合、
もしくはその恐れが強い場合
2、大声や暴言、又は強迫的な行動により、他の患者さんに
迷惑を及ぼし、あるいは職員の業務を妨げた場合
3、解決しがたい要求を繰り返し行い、診療業務を妨げた場合
4、建物設備等を故意に破損した場合
5、受診に必要でない危険な物品を院内に持ち込んだ場合
6、飲酒をされている場合

当院の判断で上記以外についても今後の診療をお断りさせていただくことがあります。

院長 中野 浩輔
顧問弁護士 〇〇 〇〇


さっそくこの文章を掲載して良いかどうか
顧問弁護士の先生に訪ねたいと思っている。

私が顧問弁護士の先生を選んだ基準!

それはお人柄である。

歯科医師もお人柄で選ばれているはずだ!!!