3か月振りに開催された
歯科医師仲間の勉強会クラブS
発表者は当院のK先生!!

発表は無事に終わった!

勉強会後は一人で岡山駅周辺を
ブラブラ!!

ブラブラするがこの時間で
こんなに岡山って人が
少なかったっけ?

かなり心配する!!!


本日非常に残念なお知らせが私の
パソコンに入ってきた。

中国とのビジネスの話が白紙になったのだ。

私は数年間を掛けて、光音波歯ブラシ「ブリストル」の
日本での独占販売権をアメリカ本社より手に入れた。

この「ブリストル」はマクアケと言う
クラウドファンディングで売れに売れて、
結果として800万円以上が売れた。

しかし裏を話せば、クラウドファンディングは
胴元が売り上げの2割をもって行くし
元々の定価の半額から30%OFFで売る訳なので
ランディングページや動画を作る費用を入れると
利益はほとんど無い。

では私はなぜ大きなリスクを冒してまで
クラウドファンディングに挑戦したのか?

それはバックエンドとなる歯磨き粉を
全国で販売したいと思っていたからだ。

その歯磨き粉は歯周病、歯槽膿漏、口臭に
莫大なる効果があり、光殺菌治療法の科学を
ベースにした「ブリストル」との併用で
私は日本の歯周病予防のための歯みがきだけでなく
世界の歯周病予防のための歯みがきを
大きく変えることが出来ると信じていた。

そしてST製薬株式会社を設立した。
STはスーパーティースの略である。

https://st-seiyaku.com/

ST製薬は昨年の岡山イノベーションコンテストでは
2次審査まで進み、そこで落選した。

https://st-seiyaku.com/

落選などはサラサラ気にしない!

 

私はコンテストに応募するその裏で、
高校時代の友人2名と計3名でタッグを組み
秘密裏に歯磨き粉の開発に関わっていた。

中国で販売するために、北京や上海の担当者とも
直接お会いして順調に仕事は進んでいた。

歯磨き粉のパッケージデザインは
上海の世界的に有名なデザイン事務所が
行ってくれるはずだった。

サンプルを中国に送り、使用者の感想も
上々で私たちは本当に嬉しく思っていた。

完成した歯周病専門の歯磨き粉は日本で半分、
中国の富裕層向けに半分を輸出するはずだった。

だから私は1年以上中国語を勉強していた。

中国に進出するためだ。

全てが昨年までは順調に進んでいるはずだった。

それが新型コロナウイルスの感染により
契約が流れに流れ、今回の北京での再感染の増加と
外出禁止令により、万事休すとなった。

入ってくる予定のお金の半分が断たれて
うなだれる私!!

このままではST製薬は倒産するかもしれない、
せめて持続化給付金でも貰うか?


妻に残念なお知らせがあると事実を話した。

妻は一言、

「別の人と組んで中国に売り込めばいいじゃない!」


彼女のメンタルは凄くタフなのか?
それとも彼女にとって他人事なのか?

無茶苦茶お金を使っているのを妻は
果して知っているのだろうか?

じっと手を見る!!!