友人が当院のゆるきゃら
「なかのん、しかのん」の
マスクバージョンを作ってくれた。

ありがたく使用したい!!

昨日の日曜日は用事があり
車で津山に行く!

せっかくなのでランチは
津山ならイタリアンはここ!

大阪の名店ポンテベッキオで
腕を磨いたシェフのお店。

美味しくいただく!!

しかし、コロナの影響か
日曜日のランチがわずか2組とは?

またコロナの影響だけでは無いと思うが
翌日から5月末までは
お休みをされると言う。

お休みをされるとお店の売上はゼロ!

大阪のポンテベッキオも再開されるとは
聞いたのだが、お休みされていた間の経費は
半端ではないと思う。

リッツカールトンの横のビルのモードの
ワンフロアーの家賃だけでも
目が飛び出る位であろう。

またポンテベッキオは大阪に数店舗もあるので
休んでいた間のスタッフの給与だけで
本当に大変だろう。

私たち医療関係も大きな影響を受けて
大変ではあるのだが、飲食関係のお店、
宿泊関係のお店に比較すると
売上の減少はそこまでひどくない。

しかし、このコロナの影響がどこまで続くのか?
業種は違えど経営者の誰もが心配している。

5月末に緊急事態宣言が開けて
岡山県下においても感染者が全く出なくなっても、
私たちは数か月前の様に
友人や仲間やスタッフと共に
居酒屋に行ったり、カラオケに行ったり
ジムに行ったり果してするのだろうか?

普段の生活でマスクを一体いつまで
付け続けるのだろうか?

今までは歯科医院で歯科医師はマスクをしたまま
患者さんに挨拶をしたり、説明をするのは
マナーに反すると言われていたのだが
こんな状況では院内では常時マスクを着けて
仕事をするのが新しい常識になった。


どんな状況にも決してあきらめないで
決して手立ち止まらないで、正しいことをして
新しいことに挑戦し続けて
何としてもスタッフの雇用を守るために
全身全霊で頑張りたい!!

しかし、飲食の方がテイクアウトやデリバリーを
されるのを見ていると、私たち医療関係者も
オンライン診療はもちろん、通信販売にも
手を打って出るべきかと真剣に悩んでいる。