早朝の午前4時に羽田空港国際線到着
バスや電車が動き出す午前5時まで
国際線ターミナル中で過ごし、午前5時になり
バスで国内線ターミナルに移動。

始発の岡山便で岡山に戻り
朝から普通に診療!お昼休みはテレビの
収録の為に休む時間は皆無!

午後7時半まで午後の診療をこなし
午後8時からは別の会議に参加!!

56歳の歯科医師の私は
まだまだ現役で多くの方のお役に
しっかり立てると強く思う。

2ヶ月に及ぶマクアケクラウドファンディングが2月6日で無事に終了した。

集まった金額は825万円以上、支援者の方も570名を超えた。

私は、この光音波歯ブラシブリストルについての正式な今後の契約の進め方と
今の現状を確認するために、二泊三日の強行でロサンゼルスに飛ぶことになっていた。

スタッフからは「コロナウイルスには十分に気をつけてください!」と何度も念を押された。

このタイミングで羽田空港に行くことは、それだけで大きなリスクに
なることを自ら自覚した上、私自身が感染したり、
感染源にならないためには、手洗い、マスク、そして免疫力の低下を
避けるために体を温めることに気を付けながら、土曜日の診療を終えて
一度近くの「天然温泉ゆづき」でサウナに入り免疫力をしっかりと高めてから
車で岡山空港へと向かった

岡山空港から羽田空港に飛び、国内線から国際線へとバスで移動して
羽田空港国際線から深夜12時30分発のロス行きに乗ることになった

さすがに羽田空港は国内線、国際線とも多くの方がマスクを着用している。

直接いろんなところを手で触らないように注意しながら、私もマスクをしたまま
羽田空港で数時間の時間を過ごした。

驚いたのが空港のラウンジでも全てのスタッフがマスクと手袋までしている。

青い手術用のグローブでシャンパンを運ばれてくるのは少し興ざめなところはあるが
それはこのタイミングを考えれば仕方がない

深夜発羽田空港発ロサンゼルス行きは10時間のフライトのため
土曜日の深夜と言うか日曜日の深夜に出発した便がロスに到着するのは
17時間の時差の関係で土曜日の午後5時

ロサンゼルス空港にはアメリカのアイブリストル社の CEO 代表である
ジェームスチャーさんが迎えに来てくれることになっていた。

私は土曜日は是非あなたの家族と一緒に食事がしたいとリクエストしていた、

すると彼は嬉しいことに奥様を一緒に連れてきてくれた。

ロスの空港は思ったほど混雑していなくて30分ぐらいで無事入国手続きが終えて
私は無事ジェームスチャーさんと奥様と空港の外でお会いすることになり
彼の車でロサンゼルスダウンタウンにあるホテルフィゲロアへ向かった。

私の今回の滞在先は彼の推薦でロスのダウンタウンにある
このホテルに決まった。