土曜日を1日休んで連休を活用して私は日本からシンガポールに飛んだ
今回の旅の目的はシンガポールの歯科医院の見学だけではなくて
マレーシアのジョホールバルに今住まれているW先生のご自宅を訪れて
マレーシアのジョホールバルが今どんな風になっているかと
いうことを見学するのが一番大きな目的であった

シンガポールからマレーシアのジョホールバルには
W先生が予約してもらった国際タクシーを利用してことになった.

W先生からメールが来て入国に1時間かかるって聞いていたので
まさかそんなことはないと思っていた

シンガポールからマレーシアの国境ジョホールバルまでは
タクシーでわずか30分程度の距離であった

シンガポールの出国のゲートに近づくと急にタクシーが
ピタッと止まり大渋滞になってしまった

シンガポールの国境を出るまでに30分の時間を要し
それからマレーシアの国境のゲートを通るために
また30分の時間を要した

トータルではW先生が言われたように1時間の時間を
要すことになった

午後3時にシンガポールのホテルを出た国際タクシーが
W先生のマンションに着いたのは午後5時前にもなっていた

タクシーが着いた途端にW先生がマンションの
フロントまで降りて来てくれて今お住まいのマレーシア
ジョホールバルのお部屋に案内してもらった

部屋に入った途端に天井の高さ部屋の広さに驚きを隠せない私
正直度肝を抜かれた。

W先生のお部屋はメゾネットタイプと言って一階二階が
大きな階段でつながっているという広いお部屋で
部屋の広さは260坪?

一階二階でトイレバスルームが7つあり
ベッドルームゲストルームもいくつもあり
アジアらしくお手伝いさんの部屋まであり
マスターバスルームは日本の私の書斎よりも広く
お庭にはなんとプールまであり
私は本当に驚きを隠すことができなかった.

マレーシアのジョホールバルには10年ぐらい前から
イスカンダル計画と言って外国人を迎えるような
計画があり、多くの日本人もジョホールバルのマンションとか
不動産に投資すると聞いていたが
なかなかうまくいってないという噂を聞いていた。


今回のジョホールバル訪問は本当に私にとってはすごい
興味深い内容だった。

しかしジョホールバルに行ってW先生のマンションに
伺うと多くの日本人駐在員がそこに過ごしており
そのマンションにはフィットネステニスコート
バドミントンコート、家の近くの健康ランドより
広い温泉まで完備しており プールも広いプールがあり
何から何まで大規模がすごく日本では考えられない
巨大な豪華なマンションであった

マンションのお部屋からはアジア最大級の
イオンショッピングセンターまで見ることができ
W先生が言われるにはマレーシアジョホールバルは
シンガポールから30分だが物価が1/3になる。
ひとつだけストレスなのは入国に時間がかかること

他のことは全く問題がなく快適に過ごすことができると
言われていた

私たちはマンションの施設を見学後
奥様とW先生と3人でベイフロントにあるレストランで
お食事をご馳走になり今までのW先生のマレーシアでの
暮らしのことについて多くのことを教えてもらった

W先生は以前は歯科医院を東京で複数経営していて
すごく優秀な歯科医師でもあり,またすごく優秀な経営者として
有名であったが数年前に全ての事業を売却して海外移住という
道を選んだ

年齢は私より一つか二つ先輩のまだ若いW先生が
なぜ歯科医師を引退してマレーシアそれもジョホールバルに
住んだかということを私は数時間の滞在でいろんなことを
本当に教えてもらった

本当に有意義な旅だった