マイクロを使用した歯の根管治療セミナー

Written on 2020年11月3日, by 中野 浩輔

感染予防のために体の免疫力を
上げようと、先週から取り組んでいる
大きな取り組みが2つ!

①睡眠の質を上げること
②アルコールの摂取頻度を減らすこと

①のために本を数冊読破して
睡眠の質を一目で見ることが出来る
スマートウォッチを購入!

①と②の話は長くなるので後日に!!

 

 

今朝の祭日は朝の5時半にいそいそと
起きてきて、大阪への移動の準備!

睡眠時間は昨夜の就寝が遅く4時間と少し!
昨夜の睡眠の点数は悪いが、今日は久しぶりの
歯科のハンズオンセミナーに朝からトキメク。

コロナの関係で軒並み、学会やセミナー、
ハンズオンのコ-スなど多くの人が集まる
イベントや密になるコースは8か月程度
全て中止となり、今日の大阪の
ハンズオンコースは久しぶりとなった。

勿論、感染対策は完璧で
マスクの着用は必須で、アルコール製剤と
ビニールグローブをバックに仕込んで
大阪へと移動した。

トイレもなるべく我慢!

 

本日のテーマはマイクロスコープと言う
顕微鏡を使用した歯の根管治療のセミナー
顕微鏡を使用した歯の神経の治療のための
実習付きのセミナーだった。

参加者は10名限定でマイクロは1人1台と
贅沢な内容だった。

一番前の席をGETするために朝の8時半に
会場入りした私は、後から来た岡大歯学部
サッカー部の後輩に
「なんで中野先生が一番前に座っているんですか?」
と驚かれる。

 

しかしメイン講師の京都のカンベ先生の
お話は素晴らしく、わかりやすく、情熱が伝わり、
知識の整理と新しい知識のアップデートに大変
役に立ち、当院にスペシャルセミナーで
来てくれないかとまで心から思った。

本当にお薦め!アマゾンですぐに著書を購入した。

 

しかし、今回も全ての講師の先生よりも、
全ての参加者の先生よりも、間違いなく
年上の私は、恥ずかしいと言う気持ちより
新しいことを学ぶ嬉しさを噛みしめていた。

 

今回の会場が大阪駅や梅田駅近くなら
私は必ず北新地でお酒を一杯、いやいっぱい飲んで帰っていたはず。

しかし、コロナもあり、新大阪から徒歩20分の会場だったために、
お酒を1滴も飲まないで、直ぐに岡山の自宅に戻ろうとした。

私がセミナーを終えて、一人そそくさと
帰り支度をしているのに、他の参加者の
先生は、私以外の9名の先生は誰もが
まだマイクロを覗きながら居残りの
実習を続けていた。

確かにカン先生は少しだけなら残っても良いと言われた。

私も残りますとも言われた!

 

しかし、若いって素晴らしい!!
エネルギーって本当に素晴らしい!!

それに比較して私は?と少しだけ寂しくなった。

 

新大阪の駅の近くでは寒い中、

フットサルを多くの人が頑張っていた。