月曜日のお昼はロータリークラブの例会の日
凄い社長さんやVIPの方から
インプラント治療の相談を受ける。

「〇〇社長から予約の電話が入れば
しっかりと対応して下さい!」と
クリニックのLINEにメッセージを入れて
そして私は本当に来られるのかと緊張する!!

土曜日は午前最後のインプラントを
無事に安全に終わらせて
新幹線と御堂筋線と近鉄を乗り継いで
生まれて初めて大阪の富田林に移動した。

富田林の加藤歯科で開催される
オールオン4、ザイゴマインプラントセミナーに
参加するためだ。

岡山県内だけでなく中四国地方では
オールオン4の症例数は当院が
TOPに近く、毎週のようにオールオン4の
オペをさせて貰っているのだが、
大阪や東京にはとんでもない猛者クラスの先生が
いらっしゃる。

そのお1人が富田林の加藤先生だ。

セミナー開場に入ると、参加者の一人の先生から
声を掛けられた。

「中野先生、クローバー歯科の〇〇です。」

少し前に私が見学に行かせてもらった
大阪のあるクローバー歯科の分院長をしている
先生だった。

まだ若い先生で、年齢は30代後半、40歳前くらいだろうか?
名門の国立大学歯学部出身の先生だった。

私は59歳、おそらく彼よりは20歳以上年上である。

先日の見学の時が、私との初対面なのに
私の名前を憶えていたことにまずは驚いた。

私がそのクローバー歯科に見学に
行ったことには理由がある。

そのクローバー歯科は新規で開業して
1年も経過していない。

当院は31年経過している。
分院長は私より20歳以上若い。

治療イスは11台と当院より少なく
ドクターの数もスタッフの数も当院より少ないのに
歯科医院の売り上げの数字は当院より
はるかに上を行っている。

負けている!

私は超具体的な数字を、その先生から直接
見せて頂いていた。

分院長のその先生と副院長の先生の売上が
突出していて驚いた。

勿論、歯科医院の価値は売上と言う数字だけでは
決して無いのだが、信頼も技術も無くて
売上の数字だけ上げることは出来ない。

その分院長の先生は若くしてオールオン4を
普通にされると聞いた。

セミナー中の質問も、他の参加者の先生より
ずば抜けて的を得ていた。

その翌日は、船井総研が主催の日本でTOPの
歯科医療法人クローバー歯科の見学会の日だった。

全国から歯科医師の先生方が大型バス3台に乗り
数件のクローバー歯科を見学して
最後は総院長のM先生の講演を聞く見学会だった。

M先生、どうすれば、あれだけ優秀で積極的な
歯科医師を育成出来るんですか?

すぐに申し込んでM先生に質問しようと思ったが
既に満席であった。

凄いぞ!真摯会クローバー歯科グループ!!