知り合いの方から
トム・クルーズが映画で来ていた
トップガンジャンパーと同じ
モデルを無料で頂く。

トム・クルーズは私と同級生の59歳!

これで少しは近づけるだろうか?


仕事と妻以外は、趣味も興味も無い私だが
少し前から趣味らしきことをやっと覚えた。

それがボディメイク、ボディビルである。

私は雑誌Tarzanのボディコンテストに
応募して、そして落選した。

ここで負けてたまるか、これからは還暦ボディビルダーを目指そう!

そう思った私は、昔当院で研修医をしていた
筋肉オタクのS先生に教えてもらって
津高のあるジムに通うことにした。


最初にジムの説明をして下さった女性スタッフ

私が勤務先に「なかの歯科クリニック」と書いているのを見て、
「歯医者の中野先生ですか?私の祖母が入れ歯で
本当にお世話になりました!」
といきなりのジャブが飛んできた。


翌日、ジムの使用方法の説明をして下さった
別の女性スタッフ

向こうから「中野先生、、、」と声を掛けられる。

中野先生と言った時点で、私のことを知っている。


「少し前に真善●で一緒に飲んだこと覚えていませんか?」


あーーーーっ!思い出した。
友人のお嬢さんと一緒にいたあの女性か?

ちなみに、私はその女性スタッフのお友達のご両親と
私の妻と食事をしていて、たまたまお嬢様と友人の
この女性と一緒になった。


ここで強烈なフックをもらった。


HIITと言うプログラムで、いつもお世話になっている
インストラクターの若くて可愛いらしい女性の先生からは

「私は先生の歯科の患者なんです、

母に聞くと、私は歯医者さんが小さいときは大嫌いで、
中野先生の所でサングラスみたいなものを掛けて貰ってから
普通に治療が出来るようになったみたいです。

また小さいとき、指しゃぶりをしていたのですが
中野先生が私に一言声を掛けてもらった日から
私は指しゃぶりを止めたみたいです。

先生の所で矯正もして本当にきれいになりました!」


17年前のことを私は覚えている。

今も昔も新しいものが好きな私は
当時SONYが発売したVRゴーグル
のようなものを購入して治療を嫌がる
小さなお子さんに掛けていた。

しかし、たぶん大きすぎて評判が悪く
私の記憶では3人しか使っていないはずだが
この前の女性の顔、何だかはっきりと覚えている。

嬉しい反面、ここでのストレートでノックアウト!

立ち上がれない!


今まで31年間、真面目に真摯に歯科診療に取り組んだ
甲斐があるからと嬉しく思う反面、
このジムで恥ずかしい面を見せる訳には行かないと
強く思う。

なぜなら私は岡山のトム・クルーズを
目指すからだ!