倉敷で勤務されている
歯科衛生士さんが見学のために来院

当院のインプラント治療や
インビザライン治療を見学したいとのこと

生憎本日の午前中はインプラントオペや
補綴は多かったのだが、インビザラインの
患者さんは午後に集中していて午前はゼロ

申し訳なく思い、当院の小冊子や
パンフレットを渡して私から直接説明する。

しかし他の歯科医院に別の歯科に
勤務している歯科衛生士さんが見学に
行くなんて本当に勇気のある行動だと思う。

日曜日の朝8時半に水戸のホテルの車止めに
長尾先生が私をお迎えに来てもらい
その後、長尾歯科まで先生の車で移動。

9時前からプライベートマイクロレッスンが始まった。

プライベートとはいえ、通常は数名で受けるレッスンを
今回は私の都合により無理を言って
受講生は私一人のところに、長尾先生とチーフ衛生士さん、
また奥様の衛生士さんも加わってプライベートセミナーは
始まった。

マンツーマンでなく、1対3と言う構造だ。

まずは60分のレクチャー、睡眠不足の私は
眠気との戦いで出されたお茶やコーヒーを
ガブガブ飲んでいたら、トイレに行く回数が
半端では無かった。

今回のプライベートセミナーに申し込んだ経緯は
岡山でマイクロを頑張っている先生からの
ご紹介と長尾先生のマイクロに関する著書を
読んだからだった。

マイクロの設定やポジションはさすがに
著書を読んだだけでは理解出来ていなかったが
詳しく説明を受けて本当に腑に落ちた。

しかし、さすがの受講生が私一人で
ほぼ1日中マイクロに向かっての実習セミナーは
後半に行くにつれて強拡大によるマイクロ酔いも
相まって、ボロボロの状況になっていった。

最後は長尾先生に再度水戸駅まで送って頂いた。

長尾先生、長尾流に私のマイクロも改造いたします。
ありがとうございました。