オリンピックの空手の清水さん
銀メダルでも涙のコメント!

ずっと空手に人生をかけてきているのが
感じられて、もらい泣き!!

がんばれ!ニッポン!!


コロナになり時間が出来て私が
始めたこと3つ

1,極真空手
2,英会話
3,中型バイク

2はオリンピックに関係ある凄い方に
マンツーマンで指導して貰っていたのに
脳が溶けるのを感じて、あえなく撤収!

3は夏は暑すぎて無理!
バイクには乗れないと、これも撤収!!

唯一残ったものが極真空手

私が通っている極真空手水口派の
水口敏夫館長は、極真空手では
伝説の人物!

しかし本人は還暦を過ぎて、凄く優しいお人。

館長のお人柄にほれ込んで
私は水口道場に通っている。

しかし、そんな私も現役の歯科医師のため
忙しく、7月は1回も道場に行くことが出来なかった。

今日は午前10時から、本当に久しぶりに
道場に出かける。

皆さんが「中野先生、お久しぶりです!」
「お元気ですか?」

と気さくに声を掛けて頂けるのが
本当に嬉しく感じる。

しかし、この私マジメが取り柄であるも
58歳になると、覚える一方でドンドンと
忘れてゆく。

空手には決まった型があるのだが
私はどうも覚えがかなり悪いようだ。

水口館長から「中野先生、しっかりと覚えて下さい!」
と言われて、恐縮するのだが
空手会のレジェンドの水口館長から
「先生」と呼ばれることに
凄い恥ずかしさを感じる。

周りの人が良いから、私は空手を続けることが出来る。