岡山も緊急事態宣言があけて
晴れて外に食事に行けるぞと
嬉しく思ったのも束の間
私の体重が緊急事態宣言発令!

下腹がポッコリ出ていて
サイドには浮き輪のような
脂肪の塊がいつの間にか?

オー、マイ、ガーッ!!


今日は午前中の診療は院長の私は
たった一人!

その一人の方への診療は、今現在ある歯を全て抜歯して
その場で4本から6本の長いインプラントを埋入して、
その場で仮の固定式の歯を入れるオールオン4
オールオンフォー、All-on-4dだ!

今月と来月はこのオールオン4を希望される方が
大変多いため、院長の私の予約が取りにくくなっていて
本当にご迷惑をお掛けいたします。

今日は静脈内鎮静法、セデーションを併用したオペになった。

静脈内鎮静法、セデーションとは
腕の静脈に麻酔薬を入れることで
半分眠ったような感じで恐怖感もなく
インプラントを進めることが出来るということ。

当院では岡山大学歯学部麻酔科と連携して
時々、麻酔医の先生に来てもらって
オペを行っている。

私はオールオン4と言う岡山では今では
ほとんどの先生が行っていない難易度の高い
インプラントのオペは平気で行ってはいるのだが
静脈内鎮静法の、初段階の腕の静脈に針を刺して
確保することが苦手である。

実は過去に何度も実習付きの研修に
参加したことはあるのだが
私が静脈確保を最初ににした相互実習の
歯科医師の先生が貧血を起こし
2回目の先生が何とか神経反射を起こしたのを
見て、私には向いていないとあきらめてしまった。

今日の麻酔医の先生は凄腕だった。

女性の本当に細い腕の静脈に1っ発で
ヒットさせたのだから。

今回は上顎で10本の抜歯を行い
5本のインプラントを即時で埋入!

5本とも全て35N以上のトルクが出たので
即時荷重と言うその場で仮歯の作製に入る。

ここからは歯科技工士の仕事になる。

私にこのオールオン4の術式を教えて下さったのは札幌のT先生、

勿論本家本元のポルトガルのリスボンの
マロ-クリニックには単身で乗り込んで研修を受けた。

その後は、私はこのオールオン4の術式を
学ぶために毎年秋田の「あいば歯科」に出かけている。

岡山から秋田へのアクセスは相当悪い!

しかし、私が毎年秋田に行く理由は??

いつかはわかると思う。