2020 -21年度国際ロータリー第2690地区
地区大会が岡山西ロータリークラブの
主幹で岡山国際ホテルで開催された。

簡単に言うと岡山県、鳥取県、島根県の
全てのロータリークラブの面々が集まる
大きな大会を我がクラブが主幹したのだ。

岡山西の主幹が20年ぶりと聞いて
驚くと共に身の引き締まる感じがした。

日曜日は全体で1200名を超える参加者となった。

岡山西ロータリークラブでは、2年前から
事前準備を進め、紆余曲折がありながらも、
今回はコロナ対策を万全にしながらのリアルでの
開催となった。

 

私は歯学部歯科大学の同窓会の全歯懇(ぜんしこん)
を思い出していた。

この全歯懇も各校の持ち回りで
20年に1回主幹が回ってくる。

主幹校は2年前から準備に入り万全の準備を
整えて、全国からの歯学部同窓会
歯科大学同窓会のお偉いさんをお迎えする。

全国から200名近い参加者が全歯懇では集まる。

 

しかし地区大会とはいえ、ロータリークラブは
規模が違った。

1200名もの参加者が岡山県内、鳥取県内
島根県内から集まられるのだ。

その地区大会で私はSAAと言う大役を仰せつかった。

SAAを簡単に言うと会場内でのお世話係!
赤色のたすきをかけて、会場で困った方への
お手伝いをしながら、要所要所では
受付台で注意事項を説明する。

実は私は今の岡山西ロータリークラブの
SAAではない、私には代理でお鉢が回ってきたのだ。

大会責任者のYさんから依頼があった時は
私は実は一度お断りした。

20年に1度のそんな大切な大会で
私如きがSAAの大役をこなせるはずがない。

しかし、困っているYさんの姿を見て
私は今回の地区大会のSAAのお役を
引き受けることにした。

引き受けることにした。