6月に入り歯科医院も
少しだけ忙しくなる。

4月、5月には自粛していた
インプラント治療も6月に入り、
デイリーで毎日のオペが入るように
なった。

しかし本来なら明日が6月4日
歯の衛生週間が始まる日で、
私たち歯科医院が1年でもっとも忙しい日!!

粛々と目の前の仕事をこなす!!


コロナで感染を凄く心配しているのは
歯科医院に通う患者さんだけではない。

歯科医院に勤務するスタッフも
感染の恐怖に怯えながら日々
目の前の患者さんに向かっている。

しかし、歯科医院で歯科治療を通じて
患者さんに感染した事実は全く無い!

接待を伴う夜の街に出かける方が
感染のリスクははるかに高い!

 

今日の昼のスタッフミーティングは
私が今考えること、出来ること、重要なことと
題してスタッフに30分程度の話をした。


今、歯科医院のトップである院長の
私が行っていること。

①金融機関への融資のお願い

当院は日本政策金融公庫さんから融資を
お願いすることができた。期間は15年、
私はこれで最低でも72歳まで仕事を続ける。

②PCR検査、抗体検査の準備

なかの歯科のスタッフはわずか2000円の費用を
支払えば新型コロナウイルスの抗体検査を
受けることが出来る、検査キットは数か月かかったが、
やっと先日当院に納入された。

③助成金、補助金の活用

融資は返済の義務があるが、助成金、補助金が
当たれば数百万のお金が頂ける、しかし厳しい
審査と競争がある。
助成金で待合室に自動精算機2台を導入しようと
見積もりを取ると1200万円で眩暈がする。


④固定費、経費の削減
 診療の効率化 ムラ、ムダ、ムラを無くす
 ex.エアコンのフィルターの月1清掃等

今回の目玉がこれ!スタッフには1人3つの
固定費、経費削減のアイデアをお願いした。

私のスマホにはスタッフからどんどんと
固定費、経費削減のアイデアが届き
本当にうれしく思う。


今回のスタッフの中でアイデアで採用された方には
院長の私から心を込めたお礼の言葉が述べられます!!

頑張って!!!