当院は、1992年に岡山市の現在の地で新規開業しました。

開院時の規模は、ユニット3台に対し、歯科医師は私1名、
スタッフは常勤歯科衛生士4名という、当時としては
受付もアシストもメンテも歯科衛生士のみという
岡山では珍しい形での開業でした。

これには理由があります。当初から、定期管理型の
歯科医院を作りたいという私の強い思いがあったからです。

その路線は、患者さんからも強い支持を受け、
現在の当院の規模は、ユニット12台、歯科医師は
常勤が5名、非常勤が8名、歯科衛生士は常勤・非常勤
合わせて18名という、岡山県下では歯科衛生士の数自体は
最大規模の歯科医院になることができました。

事務スタッフも含めてスタッフ数40名以上という
大規模歯科医院になったいま、当院の一番の売りは
歯科衛生士のしっかりとしたメインテナンスであり、
逆に一番弱いところは歯科衛生士も含めてのスタッフの
求人雇用になっています。

国家資格でもあるる歯科衛生士の求人雇用は
年々難しくなっていて、知り合いの先生から
「どこかに歯科衛生士いない?」と聞かれることも
多いです。

しかし、この4月の新年度の採用は全てうまく行き完璧でした。

3月末で結婚で大阪に引越しするために退職するスタッフが1名
新規で歯科医師1名と歯科衛生士4名の採用を行うことが
出来ました。

新しいスタッフが一気に5名入ることは久しぶりと言うか?
当院では初めてかもしれません。

 

先日になかの歯科クリニックの歓送迎会が行われました。

私は基本的にお酒が強くないのですが
普通のスタッフとの飲み会はそうでもないですが
忘年会と歓送迎会は何か私の心の中に
思うところがあるためか?いつもかなり酔っ払って
しまいます。

またその日は「ワインに恋して!」のイベントが
開催されていたので、私は歓送迎会が始まる
1時間も前から飲み始め、それも
なぜかサントリーの岡山支店長の方に
サントリーのハイボールやら何かを
しっかりとご馳走になってしまい、
真っ赤な顔で歓送迎会の会場に行きました。

私はスタッフを家族と思っています。

27年前はわずか5名の家族しかいなかったのに
今では40名上の大家族に成長することが
出来ました。

スタッフの希望で焼き肉を食べながらの
歓送迎会でしたが、なぜか私は1枚も
食べた記憶がありません。

この4月からなかの歯科クリニックは成長致します。

今年の大きな目標は
「岡山で一番患者様から愛される歯科医院」
「スタッフが自ら成長できる歯科医院」

今年度も全力で頑張ります!!