バンコクの医療が凄いと噂を聞いて、バンコクの医療視察で機内2泊、ホテル2泊の強行軍でバンコクへ飛んだ。 バンコクは安くて素晴らしいホテルがたくさんあるので正直どこに泊まるか迷うのであるが、今回はセミナー会場と言うこともあり、フォーシーズンズホテルバンコクへ宿泊した。
このホテルは3年前は「リージェントホテル バンコク」だったが、いつからか冠がフォーシーズンズに変わっていた。(元々はペニンシュラのために作られた?)
このホテルはレストランが有名で、タイ料理のスパイスマーケット、イタリアンのレストランも3年前は素晴らしかった。 フォーシーズンズに変わっても、レストランの名前は同じでホッとした。
飛行機の関係で早朝の6時前にホテルに着いた私を「お部屋の用意ができています!」とチェックインの時間より9時間以上も早いのに部屋に通してくれた時には感動した。

バンコクはホテルの中と外の喧騒は本当に天と地との差があるが、このホテルの立地はバンコクの中心であるので、タクシーを使えば、どこへ行くのでもアクセス面は申し分ない。
このホテルの大きな特徴は、モーニングコールを頼むと、2回目は何時にしますか?と聞かれる。そして2回目にコーヒーか紅茶かどちらがいいかも聞かれる。 1回目のモーニングコールが朝の7時!2回目のモーニングコールが7時15分にお願いすると、7時15分に電話が鳴るのと、ほぼ同時に部屋に無料でコーヒーなどの飲み物を届けてくれる。
東京のホテルでコーヒーをルームサービスで頼むと、サービス料込で幾ら掛かるだろうか?それを考えると素晴らしいサービスである。
毎日無料の果物を届けてくれるので、私は果物とコーヒーだけで朝食は満足できた。

プールもバンコクの街中にしては大きなプールなのだが、プールの横のビルが工事中で残念ながらリゾート感に乏しい結果となった。 このホテルでは比較的安い料金でクラブフロアに宿泊できる。
チェックインの時にクラブフロアにしませんか? と尋ねられたのだが、一人の宿泊で2泊のみなので丁重にお断りしたのだが、計算するとインターネットの接続料(クラブフロアは無料、一般の客室は1日2000程度)、ランドリー料金(クラブフロアは1日1着は無料)、朝食や夕方の軽いお酒を考えると、クラブフロアに宿泊した方が安くつく計算となった。次回はクラブフロアで決まりである。
バンコクの中心で利用しやすい宿泊はクラブフロアに!