フランクスピアー先生名古屋講演会

Written on 2019年6月3日, by 中野 浩輔

今日から2名の新人スタッフが
なかの歯科のチームに新たに合流!

これで事務方スタッフを入れると
タイムカードを押すスタッフが
50名を超えた。

今年の夏のボーナスまで
なかの歯科は果たして持つのか?

それはトップの手腕にかかっている。

 

5月18日と19日に名古屋で開催された
フランクスピアー先生の講演会に
出席していた。

フランクスピアー先生は、有名なアメリカの
歯科医師で、以前はシアトルで一般的な
開業歯科医師であったのだが
スタッフの勧めで、アリゾナに移転して
診療をする歯科医師から
同業者の歯科医師対象の教育の方に
大きく舵を切った。

それが大成功して、今では世界中の
歯科医師の先生がこのスピアー先生の
講義を聴くためにアリゾナのフェニックスに
集まると聞いていた。

講演会だけで8万円、懇親会を入れると
9万円、新幹線とホテルを入れると
優に10万円を超える出費となる
2日間の講演会に全国から
500名近い歯科医師の先生が
名古屋に集結した。

私も仕事を休んでスタッフや患者さんに
迷惑をかけ、その上に大枚をはたいて
参加するので、一番良い席を必ず
GETしようと朝早い新幹線に
飛び乗り名古屋を目指した。

会場には日本では有名な歯科医師の先生の
姿も多く、凄い熱気となっていた。

スピアー先生の2日間の講義は
素晴らしかった。

ただアメリカでは6日間や8日間の
数回のコースで話す内容をコンパクトに
織り込まれていただけに
本当に私が聞きたかった、呼吸と
摩耗と咬合の話は、少し消化不良に
終わった感じがした。

しかし、名古屋の飯田先生の元で
日本の歯科医師の先生も多くアリゾナの
フェニックスまで講義を受けに
行っていると聞いた。

スピアー先生は大金持ちで
お城に住んでいるとか?ガレージには
14台のフェラーリ3台を含む
高級車が並んでいるとか、様々な噂を伺った。

一度、あのアメリカの世界を
見ることも勉強になるよ!と教えて頂いた。

何回もこのブログでも書いているように
私達56歳を過ぎたおっさん歯医者の未来は
何とでもなるので、どうでもよいことであるが
今の若い日本の歯科医師の世代に夢や
希望を与えるために、ここは思い切って
アリゾナのフェニックスに思い切って
行こうかと真剣に悩む!!

名古屋でのスピアーの講演会は
同時通訳はあったのだが、フェニックスは
もちろん全てが英語である。

また名古屋の講演会の2倍は早く話すよと聞いた。

アメリカに行くなら最低でも5日から7日は
仕事を休まないといけないし、高額なセミナー代と
飛行機とホテル代を支払っても
余りあるお釣りが私の元に来るのだろうか?

それは全て私の英語力にかかっている!!!