Skip to Content

中野浩輔のステキな笑顔

岡山の歯科医師ブログ

Monthly アーカイブ : 2019年8月

岡山のメガ眼科、岡山の歯科医師はびっくり仰天

Written on 2019年8月29日, by 中野 浩輔

共に通信販売の勉強をしている
友人と中央町のクラブで
深夜の1時過ぎまで酒を飲みながら
情報交換。

翌朝は3時間の睡眠でバッチリと
目を覚まし、倫理法人会の
午前6時開始のモーニングセミナー!

朝食会まで参加したその足で
コンサルタントの小田さんを
お迎えに午前8時前に岡山駅へ!

スタッフの健康に関する問題を
聞いて貰った後に、いつものように
小田さんから素晴らしいアドバイスを
頂き、スタッフには是非とも
伝えたいと思う。

 

小田さん達を岡山駅まで見送った後に
私はある眼科を受診した。


私は妻から岡山市に凄い眼科が
あると言う情報を聞いていた。

1件の眼科のスタッフの人数は50名上!
駐車場は第1と第2まであり
警備員の方が車の誘導をしている。

両目で100万円オーバーの自費治療の
眼内レンズの無料説明会には
県外からも100名以上の方が来院される。

この眼科はレーシックや白内障の
オペがうまいことで有名な眼科だった。

そこは本当にメガ眼科だった。

木曜日の午前11時には既に駐車場は満杯で
待合室には老若男女の患者さんが溢れている。

凄い、私は友人や先輩にも眼科医師が
いるので、眼科の選択には困っていなかったが
この規模の眼科の受診は初めてだった。

トイレの壁も床も高い素材を使用していることは
私でもすぐにわかった。

初診のために、問診票を書き本を読みながら待っていると
およそ45分の待ち時間で名前を呼ばれ
まずは視力等のスタッフによる検査三昧。

これが全て流れ作業で進む。

それからまた30分以上待って
初めて院長先生の診断になった。

さすがに腕の良い院長先生の診断は
賞味7分で終了した。

しかし、院長先生はイケメンで尚且つ若い!
私より一回りは若いはずだ。

その後、再度スタッフからの検査が
継続して、私は結果として
2時間の時間メガ眼科に滞在することになった。

私は歯科医師と言う医療従事者であるのだが
歯科医院を経営する経営者でもある。

単価と患者数からこのメガ眼科の
売り上げを想像すると凄い数字が出た。

私の次の目標はここの院長先生と友達になることだ。

そして中央町のクラブで飲みながら
医院経営の極意を教えてもらうこと。

そのために、私はしばらくこの眼科に
通いながらこの繁盛の極意を調べたい!!

微笑みの国で最高のサービスを

Written on 2019年8月18日, by 中野 浩輔

木原先生の倉敷開催の
リンケージコースが無事に終了!

私だけ再受講ながら手を挙げ捲り
3回の発表をGET!

木原先生の教えを私は
忠実に守りたい。

 


お盆休みの医院旅行の視察の旅

2年前に初めて訪れたタイの島で
私はレンタカーを借りて
高級リゾートを見学しまくった。

見るだけ、ランチだけ、覗くだけで
かなり多くのリゾートを回った。

その中で一番は眺めとビラの作りが
素晴らしかったのが流石のフォーシーズンホテル!

ここに1泊だけでも良いから宿泊したいと
思った私の念が強かったのか?今回の視察旅行で
1泊だけだがここに宿泊することが出来た。

しかし、私は眺めとビラのクオリティの
ハード面だけでこのホテルの宿泊を決めたのだが、
ソフト面はより一層凄かった。

レンタカーを降りてチェックインしようとする
私達にフロントの女性は「ようこそ!中野様!!」と
英語で挨拶をされた。

私と妻は「なぜ私達が中野だとわかったの?」と
疑問に思い、顔を見わせた。

チェックインした場所からビラまでバギーで移動している途中、
庭掃除をしている多くの方々が私たちが通り過ぎる前に
仕事の手を止めて私たちの目を見て
「こんにちは、なかの様!」とタイ語で挨拶をされる。

それも前歯が無い掃除をする高齢のタイ人の
方までが満面の笑みで!!


なぜ私たちが中野ってわかっている?

どこに行っても「なかの様!」と声を掛けられる。
それも満面の笑みで!

これには私も妻も心底驚いた。


私達の行動も行動パターンも全てフォーシーズンの
スタッフにはインカムで共有されており
ホテル全てのスタッフが私たちが目の前に現れると
確実に一度は仕事の手を止めて、両手を重ねて
満面の笑みで私たちに挨拶をされる。

私は自慢ではないが世界中の数々のホテルに
宿泊しているが、これほどのソフト面での
サービスを受けたことは無い!!

私達、歯科医院ではどうであろうか?

患者様が通路を通り過ぎる時、どんなにその時
忙しくても、今している仕事の手を必ず一度は中断して
お名前を読んで、最高の笑顔で私達は挨拶を
しているだろうか?

院長の私は患者さんの目をしっかりと見て
満面の笑みで患者様にお名前を読んで挨拶を
しているだろうか?

私はこのフォーシズンホテルで最低でも
3つのことを学んだ。

①笑顔も優しさも連鎖する、歯科医院でも全てのスタッフは
院長の私も含めて、100%の笑顔で1日過ごすべきだ。

②診療時間の中で、必ず3回以上は患者様のお名前をお呼びする。
それも何気ない一言を添えて。

③どんなに目の前の仕事が忙しくても、患者様が目の前を
通られるときは、今の仕事の手を必ず止めて、
患者様の目を見て挨拶をする。

いや、このホテルは最高!!

次に来るのは、2年後か3年後かもしれない。
スタッフと来ることが出来れば最高だ。

次回はこのホテルに必ず2泊はしたい!!
って少しせこいか?

微笑みの国で笑顔のお勉強 ありがとうの言葉と笑顔があふれる歯科医院へ

Written on 2019年8月16日, by 中野 浩輔

台風10号の影響を受け
15日の羽田発の岡山行きの
飛行機が全便欠航!

最終便の欠航が決まったのが
午後7時15分過ぎ!

急いで品川へ移動して
新幹線で新大阪まで移動。

新大阪のホテルをとり
朝一番で何とか岡山に戻り
診療に穴を開けないで済む。

慎重に準備を進めたつもりが最後で躓く、
しかし東京や新大阪で大変な思いをしたのは
私だけではない。

トラブル時には安全を守る行動と
迅速な行動が必要と新たに学んだ
1日だった。

 

お盆休みを利用して、私は医院旅行の下見と
海外の歯科医院見学と、笑顔に関する学びのために
海外へと飛んだ。

まずはシンガポール経由で微笑みの国
タイのある島へと向かった。

2年前にこの島を訪れた時に
私はこの島を大好きになってしまった。

それはかなりの田舎であるこの島には
本当に人が良い方々が多かったからだ。

バンコクのように支払うお金で嫌な思いを
する経験も、危険な感じを受けたことが
本当に無く、のんびりと過ごしながら
日頃のストレスでガチガチになった体を
ひたすらマッサージとシンハービールで
ストレッチする数日であった。

特にタイマッサージは1時間200バーツ
日本円で700円程度で本格的なマッサージを
受けることが出来る。

シンハービールも味だけであれば
日本のビールの方が遥かに美味しいのだが
タイで辛いタイ料理を食べながら
飲むお酒はワインでなく、日本のビールでもなく
シンハ-か、チャーンであろう。

2年前と同じホテルにチェックインした私は
フロントの方が、私が名前を名乗る前から
「以前来られたことがありますよね!」と
英語で声を掛けられて、それだけで
凄く嬉しく思った。

このホテルのスタッフも皆、笑顔が素晴らしくて
いつもニコニコされていた。

ありがとうの言葉と笑顔が溢れる日本一の
歯科医院を作ろうと言いながら、
「院長が一番笑顔が出ていません!」と
スタッフから日頃叱られている私は
ここで数日間笑顔の素晴らしさを
自ら実感することになった。

笑顔は人の心を和らげて
目の前の人も笑顔にすることが出来る。

私もここで初心に戻り
再度素晴らしい笑顔で患者さんに
対応がしたい!!

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
ページ上段へ