MI(エムアイ)治療

Written on 2019年4月30日, by 中野 浩輔

には多くの治療法が世界中で提唱されていますが
今の日本で認可を得ているものを幾つかご紹介いたします。


①虫歯の進行をレーザー機械で調べる「ダイアグノデント」


今までは虫歯の進行は肉眼で確認したり
レントゲンで調べるしか方法がありませんでしたが
近年、レーザーで虫歯の進行度を調べることが
可能になっています。

それが「ダイアグオデント」です。

このダイアグノデントのレーザーを虫歯の部分に当てるだけで、
全く痛くなく虫歯の進行の診断が可能です。

この機会を使うと、今まで見落としていた
小さな虫歯の判定も可能ですし
その虫歯は削らないといけない虫歯なのか
それとも経過観察だけ行い、削らない方が
良い虫歯なのかも瞬時に判断が付きます。

またこのダイアグノデントを使用すれば
臨床の経験が少ない歯科医師でも
ベテランの歯科医師と同じレベルで
虫歯の診断が可能になります。

なかの歯科では2台目となるコードレスタイプで使いやすく
患者さんの負担も少ないダイアグノデントが活躍しています。


②ヒールオゾン治療

ヒールオゾン治療は、塩素の7倍と言われるオゾンの高い殺菌力を利用して、
虫歯菌の殺菌を行う治療法で、ヨーロッパやカナダでは
広く行われている治療法です。

ヒールオゾン治療は、従来の治療のように虫歯を削るのではなく、
オゾンを虫歯に照射することによって、99%の虫歯菌を殺菌する治療法です。

痛みもほとんど無く、麻酔も必要ありません。

ヒールオゾン治療では、虫歯を全く削りませんので、
神経まで達しているような深い虫歯でも、神経を残して治療出来る
可能性があります。ほとんどの場合、C1と言う虫歯が適応ですが
下記のプラズマレーザを併用することでC2、C3の虫歯にも
使用する場合があります。

C1程度の初期の虫歯を全く削らずに治療出来る効果や、虫歯予防効果もあります。

また特殊なマウスピース型のトレイを使用して、歯全体にこのヒールオゾンを
当てる治療も可能です。

ヒールオゾンを当てた歯は再石灰化しやすくなると言う論文も出ていますので
矯正治療中や永久歯が生えたばかりで表面が柔らかい時に虫歯予防治療で
使用するのも効果が高いです。

ヒールオゾン治療の欠点としては、虫歯を全く削らないために、
虫歯の黒い部分はヒールオゾンを当てても白く変化することはありません。

また穴やくぼみが無くなることもありません。

効果を持続させるためには、1年に1回の継続が必要です。
また下記のMIペースト等を毎日使用することで積極的な虫歯予防も必要です。


※この治療法は100%虫歯の進行を止めるものではありません。