Skip to Content

中野浩輔のステキな笑顔

岡山の歯科医師ブログ

Monthly アーカイブ : 2018年12月

香港深圳視察旅行3日目  コスモプロフアジア

Written on 2018年12月3日, by 中野 浩輔

時間を無駄にしないために、香港から深圳までの移動で
手配しておいてもらったリムジンカーの関係で、
世界最大の化粧品見本市コスモプロフアジアは
午後1時までのしか見学できない。

だから、この日も積極的に歩きまわりながら見学した。

韓国のメーカー、香港のメーカーで面白い新素材の化粧品を見つけ
サンプルを大量に購入する。

日本のセルフホワイトニングのナンバー1カンパニーの
シャリオンも出展しており、その日も多くの参加者が訪れていた。

その日の香港の新聞にはシャリオンのホワイトニングマシンが
記事で掲載されており、現地での関心の高さを伺った。

私達、歯科医師が扱うホワイトニングは過酸化水素とか
過酸化尿素がメインである。

私たち歯科医師は過酸化尿素、過酸化水素を使わないと
歯が白くならないと単純に思い込んでいるのだが、
今はポリリン酸等の別の薬でもホワイトニングができる時代になっていて
歯科医院でホワイトニングをする時代はもう終わってるように
残念ながら感じるようになった。

私が試しに受けたオフィスホワイトニングでは
確かに30分で4段階歯が白くなり驚いた。

全く痛くなく、全く歯がしみなく、わずか30分安全で副作用もない、
凄いテクノロジーが世界中で進んでいることを感じるようになった。

その日の夜はお昼過ぎに香港のホテルから深圳まで特別なリムジンカーを
用意してもらって、電車で深圳に入ることではなくて
生まれて初めて車で香港から深圳に入ることになった。

香港の出国は簡単に高速道路の料金所みたいなとこで終わったのだが
中国への入国は車と私たち入国者と荷物は別、

それでも簡単に入国してホテルへと向かった。

今回私達が深圳で宿泊したのは100階建ての96階以上の
セントレジスホテル深圳である。

深圳は物価も凄く高いと聞いていたのだが、ホテル料金をまだそんな高くなく
香港で泊まったホテルよりも安く私たちはセントレジスホテルに泊まることができた。

岡山イノベーションコンテスト2018 結果発表

Written on 2018年12月1日, by 中野 浩輔

そして運命の11月24日の当日。

前日はいつものように眠れなく
早朝の4時に目が覚めて再び眠れない。

小心者の自分を、あざけ笑いながら
パソコンと鏡に向かい、時間を計りながらの
身振り手振りでのプレゼンの練習!!

額から汗が流れる位!3時間みっちり行う。

本番で緊張のあまり、セリフや振り付けを忘れても
例え私が記憶を失っても、潜在意識だけで
完璧に演技ができるように、慎重に慎重に
確認を続ける。

朝9時前から会場の岡山シンフォニーホールに集合!
気合の入ったリハーサルが続く!

ファイナリストの誰もが凄く緊張していて
ほとんど誰とも口すらきかない!

特別な緊張感が数時間も続いた。

そして午後1時からの本番が始まった。

本番のプレゼンはほとんどのプレゼンターがパソコンを前に
原稿読み上げるだけの中、私と他にもう2名ぐらいの方は
完璧に原稿を暗記しており、ステージの前に出てライトを
浴びながら身振り手振りの説明を行った。

やり切った!!

私のプレゼンは少しのミスはあったものの自分の中では
98点の点数をつけるぐらい悪くないプレゼンだったと思う。

凄い小心者の私は実は意外に本番には強いタイプなのだ。


結果発表の時に、私は最低でも対象100万円
可能であればいや絶対にグランプリ200万を取ろうと心に誓っていた。


順番に各賞読み上げられる中、私の名前は呼ばれることは無く、
最後のグランプリの発表になった。

私はその時は半分以上グランプリを取れる気で正直いたのだが、
実際グランプリを取ったのは同じスクール生だった
桃の保存の話をされた土居さんだった。

正直かなりショックだった。

岡山弁で言うと「ふうがわりー!」
そんな気持ちを感じた。

妻にもスタッフも、友人にも
「私が必ずグランプリを取ります!」と宣言した結果
全く結果を出すことは出来なかった。

「ふうが、わりー!」


私をより落ち込ませたのはコンテスト後の受賞者交流会のことだった。

今回、岡山イノベーションコンテストの主催だった山陽新聞さんとか中国銀行さんとか
関連企業さんの役員とかの方がたくさんいらっしゃる中、交流会が開催された。

賞を取ったものには、多くのマスコミの方が取材に訪れ、多くの方が挨拶に訪れ、
称賛される中、ファイナルまでは残ったが全く賞を取らなかった私には
わずか1名の方が名刺交換に来られただけで、後は誰からも全く相手にされることはなかった。

入賞者に光が当たれば当たるほど、その他の私たちには
闇が深く刻まれた。

今回私の応援にはなかの歯科のスタッフ一同、及び友人、
仕事を休んでまで先輩に来てもらったり、岡大歯学部のサッカー部の
後輩もたくさん集まってくれて一生懸命に応援をしてくれた、

多くの方からコンテストの後、
「プレゼントと応援だけは1位だったね!」と褒めてもらった。

嬉しい反面、内容が無かったからだとまた少し辛く感じた。


しかし、今回はまだ受賞するタイミングではなかったと1日で頭を切り替えた。

来年、またこの岡山イノベーションコンテストに参加するかどうかは未定だが
参加するのであれば再びグランプリを取るために努力したいと思う。

今回はファイナリストになったものしか見えない経験をさせてもらい、
ファイナリストにしか見えない景色を多く見させてもらった。


私の今後の人生には大きなプラスになったと思う。

55歳が起業したらまずいか?そんなことはない。

マクドナルドのレイクロックも カーネルサンダースも55歳を過ぎてから
あれだけ大きいことをした。

私の歩みは決して止まらない。

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
ページ上段へ