Skip to Content

中野浩輔のステキな笑顔

岡山の歯科医師ブログ

カテゴリ : 岡山の歯医者

岡山の歯科医院の未来はあるのか?

Written on 2019年5月17日, by 中野 浩輔

25年間継続して校医をしている
ある幼稚園の歯科検診日、

40名近いお子様の検診が無事に終わり、
驚くことに、ほとんどのお子様が虫歯ゼロ!!

小さな虫歯があったお子様がわずかに2名!!

25年前から私たちは、かなり詳細な
データを取り続けている。

25年前は40%近い数の子供たちが
虫歯になっていたのだが、25年後の
令和になった今は、ほとんどの子供が虫歯ゼロ!!

虫歯の減少は、喜ばしいことではあるのだが
私たち歯科医師の仕事の中身が大きく
変化しようとしているのを肌身に感じる。

日本の歯科の健康保険制度は出来高制なので
虫歯を削って詰めてなんぼ!
歯周病の歯を治療してなんぼの世界だ。

虫歯と歯周病が無くなることは
国民の健康にとって本当に喜ばしいことだが
今の保険制度では歯科医師の必要性はなくなる。

私達の存在意義はなくなる。

 

 

 


昨日の夜も岡山大学歯学部のある教授の先生と
懇親会で飲みながら話をしていた。

「今後、岡山でも歯を失う方はどんどん減少してくる。
先生のようにインプラントを多くしている歯科医院は
10年後は消え去っているかもしれないね!」

確かに教授の言われる通りだ。

私はまだ良い!

歯科医師になって32年が経過した。

歯科医院の借金がほとんど無く、子供も成人し終えて、
今後大きなお金がかかることは少ないので
規模を縮小してなら後20年以上は
歯科医師として何とか食ってゆけると思う。

しかし、昨日も懇親会で話をしていた
これから借金をして開業してゆく
後輩はどうなのだろうか?

今は27年前に私達が歯科医院を開業した時よりは
競争は激化していて、尚且つ揃える機材も
凄く多くなっている。

これからの競争を勝ち抜くには
CT、マイクロ、キャドキャムは
必ず新規でも揃えないといけない。

私の後輩は1億近い借金をして
これから20年間その借金を返し続けるらしい。

今後の日本の景気が悪くならなければ
まだ良いのだが、多くの方が想像されているように
私は2020年の東京オリンピックの前後から
日本はかなり景気が後退すると予想している。

そうなれば命にかかわることが少ない
歯科医療費から削られることは容易に
予想がつく!

私の予想が外れて欲しいと強く思いながら
私は日本を出て数年間、海外に租界する時が
来ることが数年後に来ると思い、中国語の
勉強を始めている。

英語は少しは出来る。

アメリカと中国の貿易戦争で
日本も大きな影響を受けるなら
ここは思い切って中国に飛び込むのも
悪くないのかと真剣に感じる私だった。

南イタリアのレッチェにて!!

歯がぼろぼろ、前歯がぐらぐら LINE@のアカウント @nanacodc

Written on 2019年4月21日, by 中野 浩輔

土曜日の午後にセミナーを大阪で受けて
最愛の人と北新地で深夜まで飲み歩く!

翌朝は、なぜか早朝5時前から目を覚まし
小栗旬さんのテレビか映画の撮影風景を
横目で見ながら「りんくうタウン」に向かい
インバウンドの外国人の方向けの
歯科医院を見学する。

それから新大阪に移動してしCiの
ショウルームを見学した後に
また別のセミナーを受講する。

懇親会から岡山に戻り、いきなりステーキで
肉を食らってのあるバーで人待ち!!

手帳にはこの土日でToDoリストが
埋め尽くされる!!

やはり私はサメかマグロである。
動くのを止めたときは死ぬ時だ。


セミナーを受講中でも私のスマホは鳴りっぱなし!!


を誰がどこで知るのかは知らないが
毎日平均で20件もの歯科に関する相談が
私のスマホに否が応でもやってくる。

それも相談は重度な方が凄く多い。

ずっと歯のことで悩んでいて!
ずっと歯のことが心配だが、誰にも相談できないでいて!!

ずっと、ずっと、そんな方がなかの歯科クリニックの
LINE@のアカウント @nanacodc を知ってしまい
私に直接、質問が来る。

悩みが大きいだけにいい加減な返信は出来ない。

「歯がボロボロです。前歯がグラグラです。
重度にまで悪くなっているので、近所の歯医者さんには
怖くて相談できません!」

そんな方がこの私に相談してくる。

それは、ある意味では最後の砦かもしれない!!

LINE@なのでその方の年齢も性別も
どこに住んでいるのかもわからないが
相談内容が重いことはこの私にも
容易に想像できる。

相談内容が重ければ重いほど
返信のスピードも要求される。


今日の午後のセミナー中に私が
ひっきり無しにスマホを触っていたのは
歯のことで困っている方、重度に虫歯や歯周病が
進行している方が、この私に引っ切り無しに
相談メールをくれるからだ。


こうなれば、私はなかの歯科クリニックの誘導看板の
内容を変えたいと思う。

「歯がボロボロ、前歯がグラグラの方を歓迎いたします。
重度に進んでいても、決してあきらめないで下さい」

岡山 歯科 口腔がん検診のすすめ

Written on 2019年4月16日, by 中野 浩輔

口腔がん検診のすすめ

今、世間で注目を集めている口腔がん検診は
歯科医院で行うことが出来ます。

実は日本は口腔がんの死亡率が
アメリカと比較して2.5倍。

今までは男性と高齢者の多かった
口腔がんですが、最近では女性や
若年者に増えていて、これは
先進国では日本だけです。

理由は喫煙者が多いことと、歯科の定期健診
を受ける方が、まだ日本では少ないことが
理由と言われています。

口内炎がなかなか治らない方や舌や
口の粘膜が赤く爛れている方は
早めにご相談下さい。

①まずは口腔内の粘膜や舌を視診で確認します。

②その後、イルミスキャンと言う蛍光観察装置の
特殊なブルーライトを当てて異常がないかどうか
観察します。ブルーライトを当てて写真撮影を
するだけですから痛みや不快感は全くありません。

③異常がある部位や組織が悪くなっているところは
写真上で黒く写りますので、肉眼で見落としがちな
口の中の異変をいち早く察知します。

④もし異常が察知された場合は専門の
例えば岡山大学歯学部口腔外科に紹介を
して精密検査を依頼します。

★この検診は口腔がんを100%間違いなく
診断できる検診ではありません。
スクリーニングと言って怪しいものを選ぶだけですが
見落としをしないこと、早期に発見することが
重要だと考えています。

  にほんブログ村 病気ブログ 歯科医へ
ページ上段へ